人権の尊重

人権の尊重

三菱ガス化学は、「MGC企業行動指針」と「MGCグループ行動規範」において、個人の人格・人権を尊重すること、人種・性別・国籍・年齢・宗教・出自などによる差別や人の尊厳を傷つける行為を行わないことを掲げています。また、セクシュアルハラスメントやパワーハラスメントについても行動規範で禁止を明言しています。これらの指針・規範は、ILO(国際労働機関)の中核的労働基準4分野*1とともに、海外グループ会社へも周知しています。
日常的には、研修や社内広報、人権週間などを通して啓発を図っており、相談窓口も設置しています。また、「三菱人権啓発連絡会」に加盟し、人権に関する様々な研修や情報交換会に参加することにより、知見の向上や情報収集に取り組んでいます。
2020年4月には、国連グローバル・コンパクト(UNGC)に署名し、参加企業として登録されました。UNGCの署名により、戦略と執行を「人権の保護」「不当な労働の排除」「環境への対応」「腐敗の防止」に関するUNGCの10原則*2に合致させることで責任あるビジネスを実施することを推進していきます。

  • *1 ①結社の自由及び団体交渉権、②強制労働の禁止、③児童労働の実効的な廃止、④雇用及び職業における差別の排除
  • *2 国連グローバル・コンパクトの10原則(外部サイト)
    https://www.ungcjn.org/gcnj/principles.html