トップメッセージ

三菱ガス化学のCSR

企業は社会の一員として、取引先、地域社会、従業員など様々なステークホルダーの皆様に支えられて存在しています。三菱ガス化学グループは、「化学にもとづく幅広い価値の創造を通じて、社会の発展と調和に貢献する」という存在理念のもと、社会から高い信認を得続ける企業グループとして活動を行ってまいりました。

具体的には、適切なコーポレートガバナンスを前提として、グループ全体で実効性のある内部統制システムを構築し、コンプライアンスの実践やリスク管理などにより企業活動の健全性を確保するとともに、環境安全活動を積極的に推進しています。三菱ガス化学では「コンプライアンス」を単に法令や社内規則を遵守するだけでなく、広く企業倫理を含めて、より積極的に社会の要求に応えていくという姿勢のもと、「法令、社内規則、社会規範等を遵守するとともに、企業の社会的責任を認識し、公正で透明・自由な事業活動を推進すること」と広く捉えています。こうした考えのもと、役職員の取るべき行動について「MGC企業行動指針」「MGC行動規範」を制定し、日常業務の中で遵守すべき基本的事項を定めています。

また、環境安全活動においては、「事業活動の最優先は安全の確保」という安全理念のもと、三菱ガス化学グループは、社会への貢献並びに環境・安全の確保について自らの責任を認識し、また持続可能な開発という原則の下にその事業活動を地球環境の保護に調和させるよう配慮し、社会の信頼の向上に努めております。環境、安全を確保するための自主活動としてレスポンシブル・ケアに基づく活動に取り組むとともに、環境貢献製品の開発、グリーン調達・購入の推進を、さらに三菱ガス化学においては環境会計の導入、廃棄物のゼロエミッションなどを進めております。

三菱ガス化学グループでは、一人ひとりがこれらの取り組みを通じて、ステークホルダーの皆様のご信頼とご支持を頂けるよう、企業の社会的責任に取り組んでまいります。

以上

代表取締役社長 倉井 敏磨