気候変動への対応(TCFD提言に基づく開示)

 当社は、2019年5月に「気候関連財務情報開示タスクフォース」(以下、TCFD)の提言に賛同しました。

 気候変動への対応は、持続可能な社会の実現のために、地球規模での取り組みが求められる大きな課題です。三菱ガス化学は、エネルギーと気候変動問題の解決を重要課題と認識し、気候変動の緩和と気候変動への適応の両面から課題解決に取り組んでいます。

 具体的には、Scope1/2*1の温室効果ガス(GHG)排出量の削減目標を定め、着実な削減に取り組むとともに、Scope3*2については積極的な情報公開とサプライチェーンとの協働を推進しています。また、2050年の脱炭素社会に向けて、原料の炭素循環やエネルギー効率の向上・転換を進め、プロセスの技術革新やライフサイクル全体でのGHG排出量に配慮した設計・開発を推進し、事業を通じたエネルギー・気候変動問題解決に取り組んでいます。

 当社は気温上昇を2℃以下に抑え込むべく、2021年3月に2050年にカーボンニュートラルを実現する新たな目標を発表しました。カーボンニュートラルを実現するエネルギーシステムの構築を促進し、カーボンニュートラル貢献製品の拡充を目指しています。

  1. ※1  Scope1/2:Scope1は自社が直接排出したGHG排出量、Scope2は他社から購入したエネルギー(主に電力)の使用に伴う間接的GHG排出量。
  2. ※2  Scope3:原材料調達・製造・物流・販売・廃棄などの組織活動に伴いサプライチェーン上で排出される間接的GHG排出量。

1. ガバナンス

 当社は、気候変動リスクなどのCSR重要課題に対して、社長を議長とした取締役会メンバーで構成される「CSR会議」で審議・決定します。CSR重要課題は、その諮問機関である「CSR委員会」で本社管理部門長が参画することにより十分な審議を行っています。

 気候変動問題に対応するためCSR委員会の諮問機関としてCSR専門委員会「気候変動対応専門委員会」を設置しました。TCFD・CDP対応の事務局として事業横断的に取り組みを進めています。

 GHG排出削減長期目標については、中期経営計画に組み込み、経営が主導的に管理を実施します。

気候変動ガバナンス体制

気候変動ガバナンス体制

2. 戦略:気候変動によるリスク・機会への対応

2020年度シナリオ分析の前提

  • ターゲット:2030年
  • シナリオ:気温上昇
    (4C°:現状の石油・石炭に依存した経済活動の継続、2C°:気候変動対策を推進)
  • 分析対象:過酸化水素(鹿島工場、四日市工場*、山北工場)、MXナイロン(新潟工場)の2事業
  • 既存の事業ポートフォリオに対するリスク/機会のインパクト(影響額)を定量評価し、対応戦略を立案

*佐賀製造所含む

気候変動リスクと機会

  • リスク
  • 機会
移行リスク・機会
(2℃シナリオ)
  • 原燃料価格の高騰
  • 環境対策設備の導入
  • 炭素税の導入

〈主な対応〉

  • エネルギー使用のさらなる高
    効率化、脱炭素プロセス開発
  • 再生可能エネルギー導入拡大
  • 原燃料の脱炭素化
  • 脱炭素製品の開発
  • 環境貢献製品の市場拡大
  • 非可食性植物由来化学品の需要増
  • 再生可能エネルギーコストの減少
物理リスク
(4℃シナリオ)
  • 自然災害の甚大化による工場操業への影響
  • サプライチェーンの寸断
  • BCPの強化

3. リスク管理

 当社は、環境・社会・ガバナンスに関する重要課題(マテリアリティ)を特定し、全社横断的なマテリアリティマネジメントを通じて、リスク管理を実施しています。マテリアリティの一つである「環境問題への積極的・能動的対応」は、ステークホルダーおよび自社の観点から重要度が極めて高い課題として特定し、企業の存続と活動に必須の要件として主体的に取り組む考えです。

 また、気候変動リスクの定量的な把握を行うために、2021年4月よりインターナルカーボンプライシング制度を導入しました。CO2排出量の増減を伴う設備投資計画において、社内炭素価格(1万円/Mt-CO2換算)を適用し換算した費用あるいは効果を投資判断における一助として運用し、CO2排出削減を推進し、低炭素社会構築に資する技術・製品の創出を促進します。

4. 指標と目標

 三菱ガス化学は、2050年カーボンニュートラル達成に向けて、GHG排出削減の長期目標を設定しています。目標達成に向け、GHG排出量およびGHG排出原単位をKPIに設定し、省エネ活動の推進、再生可能エネルギーの導入、環境循環型メタノール構想などの短・中・長期の時間軸での排出削減施策を進めていきます。

GHG排出削減長期目標

  • 2023年
    2013年度比28%削減

  • 2030年
    2013年度比36%削減

  • 2050年
    カーボンニュートラル達成

GHG排出削減長期目標