温室効果ガス(GHG)排出削減

三菱ガス化学は、気候変動に伴うリスクを事業上の重要な課題と認識し、温室効果ガス(GHG : Greenhouse Gas)の排出削減に向けた取り組みと気候変動による事業への悪影響を低減する取り組みを推進しています。
一方で、気候変動に伴う新たな社会のニーズは事業の機会でもあります。製品・技術を通じて持続可能な社会の実現に貢献することを三菱ガス化学の重要な課題と認識しています。

気候変動対応への基本的考え方

  1. Scope1/2※1のGHG排出の削減目標を策定し、計画・実行・モニタリング・見直しを通じて着実に削減する。
  2. Scope3※2のGHG排出を、評価・管理・モニタリングし、積極的に公開するとともに、サプライチェーンと協働した取り組みを推進する。
  3. 2050年の脱炭素社会に向けて、原料の炭素循環やエネルギー効率の向上・エネルギー転換を進める。
  4. プロセスの技術革新やライフサイクル全体でのGHG排出量に配慮した設計・開発により、事業を通じたエネルギー・気候変動問題解決に貢献する。
  5. 気候変動イニシアチブ※3を通じた情報開示を推進する。
  1. ※1 Scope1/2:Scope1は自社が直接排出したGHG排出量、Scope2は他社から購入したエネルギー(主に電力)の使用に伴う間接的GHG排出量。
  2. ※2 Scope3:原材料調達・製造・物流・販売・廃棄などの組織活動に伴いサプライチェーン上で排出される間接的GHG排出量。
  3. ※3 三菱ガス化学は、気候変動への対応を推進するために自主的に発足されたさまざまな協働活動(気候変動イニシアチブ)に参加しています。

GHG排出削減目標(三菱ガス化学単体)

三菱ガス化学はエネルギー・気候変動問題の解決を最重要課題(マテリアリティ)の一つと位置づけ、KPIを設定し達成に向けて取り組んでいます。

  • GHG排出量:2013年度比 2023年 28%削減 2030年 36%削減
  • GHG排出原単位*:2013年度比 2023年 19.9%削減 2030年 28.0%削減
  • 購入電力の再生可能エネルギー導入率:2023年 10% 2030年 50%
  • *GHG排出原単位:生産量当たりの温室効果ガス排出量

GHG排出実績

2020年度エネルギー使用量/GHG排出量実績

  エネルギー使用量 GHG排出量
(千kL-原油換算) (千t-CO2e)
三菱ガス化学単体 359 780
連結子会社 216 583
三菱ガス化学グループ 576 1,363

Scope1+2排出量(三菱ガス化学グループ)

Scope1+2排出量(三菱ガス化学グループ)
  • ※国内連結子会社は2015年度以降のGHG排出量のみを計上しています。
  • ※海外連結子会社は2017年度以降のGHG排出量のみを計上しています。
  • ※2020年度にScope1/2/3の組織範囲を見直し、2013年度に遡って、排出量を修正しました。

Scope3排出量(三菱ガス化学グループ)

カテゴリ Scope3排出量(千t-CO2e)
三菱ガス化学単体 三菱ガス化学グループ
Cat.1 購入した製品・サービス 4,700 6,100
Cat.2 資本財 - 110
Cat.3 Scope1,2に含まれない燃料及びエネルギー活動 110 240
Cat.4 輸送、配送(上流) 560 640
Cat.5 事業から出る廃棄物 5.9 5.9
Cat.6 出張 <1 1.2
Cat.7 雇用者の通勤 1 1
Cat.8 リース資産(上流) 7 7
Cat.9 輸送、配送(下流) 210 210
Cat.10 販売した製品の加工 - -
Cat.11 販売した製品の使用 - -
Cat.12 販売した製品の廃棄 1,500 1,800
Cat.13 リース資産(下流) 26 26
Cat.14 フランチャイズ 0 0
Cat.15 投資 690 360
合計 7,900 9,500

GHG排出削減の取り組み(三菱ガス化学単体)

三菱ガス化学は、省エネとGHG排出削減に取り組んでいます。2020年度は、原料調達の見直し、保温の強化、運転制御方法の変更の取り組みにより、エネルギー使用量とGHG排出量を削減しました。これらの取り組みの効果は原油換算で4500kL、GHG排出削減効果はCO2換算で11,000トンに相当します。今後は、運転方法の見直し、熱回収の強化、運転制御方法の高度化等の取り組みを計画しています。

三菱ガス化学(単体)のエネルギー使用量およびエネルギー原単位

三菱ガス化学(単体)のエネルギー使用量およびエネルギー原単位

三菱ガス化学製造部門のGHG排出量およびGHG排出原単位指数

三菱ガス化学製造部門のGHG排出量およびGHG排出原単位指数

GHG排出量の第三者検証(三菱ガス化学単体)

三菱ガス化学が公表するGHG排出量について、2016年度実績から信頼性と透明性の向上のために第三者機関による検証を受審しています。

2021年度には、三菱ガス化学(株)のGHG排出量(Scope1,2,3)に対し第三者検証を受け、検証声明(Verification Statement)を取得しました。

[算定および検証の範囲]

三菱ガス化学株式会社 CO2排出量 Scope1,2,3(Category2,3,5,6)

[対象期間]

2020年4月1日~2021年3月31日

[算定および検証の基準]

ISO14064-1:2018
ISO14064-3:2019

[検証声明]

運輸部門における取り組み(三菱ガス化学単体)

運輸部門では、輸送方法を環境負荷が小さいものに変更するモーダルシフトを中心に取り組むことで、エネルギー使用量とGHG排出量を削減しています。
2020年度は使用するエネルギーを前年度比で4%削減しました。

三菱ガス化学運輸部門のCO2排出量

三菱ガス化学運輸部門のCO2排出量

山葵沢わさびざわ地熱発電所の営業運転開始

電源開発、三菱マテリアルとの共同出資により建設を進めていた山葵沢(わさびざわ)地熱発電所(秋田県湯沢市)が2019年5月に営業運転を開始しました。国内では23年ぶりの大規模地熱発電所となります。地熱発電は地下の蒸気を利用して発電することで、発電時にCO2をほとんど発生しない再生可能エネルギーです。
また、2019年9月には、同じく電源開発、三菱マテリアルとの共同出資により安比地熱発電所(岩手県八幡平市)の建設を開始しました。
これらの地熱発電事業を通じ、再生可能エネルギーの活用拡大に貢献していきます。

山葵沢地熱発電所

GHG排出量の削減に貢献する製品をはじめとして、社会の環境負荷低減に役立っている三菱ガス化学グループの製品を「MGCグループ環境貢献製品」のページで紹介しています。
こちらのページもご覧ください。