化学物質排出の削減

三菱ガス化学グループは、立地する当該国の化学物質排出届出制度(日本ではPRTR制度)に基づいて、対象物質の把握・届出を行い、その排出量・移動量の削減に取り組んでいます。

PRTR法に準じた化学物質排出(三菱ガス化学グループ)

日本のPRTR法のように、化学物質の排出量を届け出る制度がある国があります(米国TRIなど)。三菱ガス化学単体及び国内グループ企業がPRTR法に基づき届け出た値、および海外グループ企業がその国や地域の法に基づき届け出たもののうち日本のPRTR制度にリストされた物質やCAS番号がある物質の排出量を合計して集計を行いました。

化学物質の排出量(PRTR法相当)

化学物質の排出量(PRTR法相当)

化学物質の移動量(PRTR法相当)

化学物質の移動量(PRTR法相当)

※過去のデータを見直し、数値を訂正しています。

PRTR法届出の排出量の多い物質(三菱ガス化学単体および国内グループ)

PRTR法で届け出た物質のうち、三菱ガス化学単体および国内グループを通算して10トン以上の排出量を計上した物質は、以下の通りです。

政令指定番号 物質名 排出量実績(トン)
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
128 クロロメタン 534 567 590 308 187
296 1, 2, 4-トリメチルベンゼン 75 99 113 162 162
186 ジクロロメタン 58 78 87 74 78
300 トルエン 13 14 12 14 14
80 キシレン 18 24 17 20 11

日化協PRTR対象物質(三菱ガス化学単体)

三菱ガス化学が加盟している(一社)日本化学工業協会(日化協)では、化管法第一種指定化学物質のうちの328物質と日化協が独自に定めた90物質プラス1物質群を自主的なPRTR対象物質[揮発性有機化合物(VOC)に該当する物質]として、加盟企業による排出量を集計し、化学工業界として排出削減に向けて取り組んでいます。
三菱ガス化学において2020年度に排出した日化協PRTR対象物質は71物質、排出量は351トンで、2019年度の排出量387トンより約9%の減少でした。2019年度の排ガス回収設備トラブルの修復によるものです。
三菱ガス化学は、製造プラントのトラブル削減対策や未然防止対策等を通じて、装置停止等に伴う化学物質の排出を削減する努力を、今後とも継続してまいります。

※データ見直しにより、昨年度報告した数値を訂正しています。