生物多様性保全

生物多様性保全(三菱ガス化学単体)

三菱ガス化学は、日本経済団体連合会の生物多様性宣言の趣旨に賛同し、2009年に「経団連生物多様性宣言」推進パートナーズに署名しました。
また、生物多様性保全をはじめとする自然環境の保護活動を推進していくために、2014年に経団連自然保護協議会に加盟しました。

化学品を製造している企業は、多種多様な化学物質を大量に取り扱っています。各企業では、漏洩などによってヒトの健康や生態系の健全性に影響を与えることがないよう万全の対策と注意を払って操業しています。

三菱ガス化学は、レスポンシブル・ケアを基盤に化学品を確実に管理すること、および省エネルギー・地球温暖化ガス排出削減により気候変動緩和に努力し、生物がすみやすい豊かな自然環境の維持と生物多様性の保全に努めます。
さらには、環境貢献製品として評価され得る技術の開発および製品の普及を通じて持続可能な発展に寄与していきます。

各事業所においては、工場周囲にある保安林の整備や、事業所内での花いっぱい運動、事業所近隣の河川や港湾の清掃活動による海洋プラスチック問題対策など、身近なところから生物多様性につながる活動を実践しています。

TOPICS
経団連 SDGsに資するプラスチック関連取り組み事例集

経団連HP上に、「SDGsに資するプラスチック関連取り組み事例集<第3版>」として国内の多くの企業によるプラスチック関連取り組み事例をまとめたものが掲載されています。

その中に(株)JSP及び三菱ガス化学によるプラスチック資源循環への取り組みや海洋プラスチック問題に関連する取り組みが、紹介されています。