環境安全の活動計画

三菱ガス化学は、1992年にリオ・デ・ジャネイロで開催された地球環境サミットで世界各国が合意した「持続可能な開発」と「循環型社会の構築」の考え方に共感し、日本レスポンシブル・ケア協議会(JRCC)の設立に参画。発足と同時に加盟し、総合安全管理規程を制定して、レスポンシブル・ケア(RC)を推進しています。

レスポンシブル・ケアとは、化学物質の開発から製造、流通、使用、最終消費を経て廃棄に至る全ライフサイクルにわたって、「環境、安全、健康」を確保し、事業活動を地球環境の保護に調和させる自主管理活動です。

※JRCC : 2011年4月から一般社団法人日本化学工業協会RC委員会として運営。

RC推進体制

三菱ガス化学は、環境・安全方針に沿ってRCを推進しています。社長を議長とする「環境安全会議」で承認されたRC中期計画、年度計画に基づくPDCAサイクルにより継続的に改善を図っています。

RC監査と環境安全監査

三菱ガス化学は、環境安全活動計画の進捗状況と取り組みを評価するため、事業所のRC監査と製造を行っているグループ会社の環境安全監査を行っています。

RC中期計画2023 (2021~2023年)

三菱ガス化学は、レスポンシブル・ケア推進のため、RC中期計画とRC年度計画を策定し、目標達成に向けた取り組みを行っています。

活動コード 中期計画(◆ :「Grow UP 2023」KPI その他:RC目標)
労働安全衛生
  • MGCと協力会社の労働災害撲滅を目指す。労働安全に直接/間接的に影響する要素を様々な評価方法を通じて見える化し、改善への土台を構築する。
【2023年までの労働安全衛生の定量的目標】
◆重大労働災害※1  0件
 MGC本体 休業、不休業 0件
 協力会社 度数率0.3以下 強度率0.003以下 
保安防災
  • 事故ゼロの達成を目指す。保安防災に直接/間接的に影響する要素を様々な評価方法を通じて見える化し、改善への土台を構築する。
【2023年までの保安防災の定量目標】
◆重大事故※2 0件
 ICCAスコア年間0; MGC本体・協力会社とも
環境保全
  • 企業活動を通じて社会貢献と自然環境の保全の両立を目指す。その結果社会からの評価の向上を得る。
【2023年までの環境保全の定性/定量目標*】
(1)◆温室効果ガス(GHG)排出量 *2013年度比28%削減
  ◆温室効果ガス(GHG)排出原単位*2013年度比19.9%削減
  ①0.4万t-CO2e/年の継続的削減
  ②自家発電・ボイラー等の重油の全廃(水島工場、四日市工場)
  ③購買電力のGHG排出係数削減(0.45;水島工場)
  ◆ ④購買電力の再生可能エネルギー10%導入(全事業所)
(2)廃棄物のゼロエミッション
  ◆*廃棄物ゼロエミッション率※3 0.3%以下
(3)PRTR法届出物質の排出量 *2020年比10%削減
(4)水資源保全
   *水再利用率95%以上
   水リスクの特定(国内製造拠点)
(5)生物多様性保全
   *生物多様性保全の本箱寄贈 累積10件
   *生物多様性の「目に見える現場」の設置1件
化学品・製品安全
  • 化学品・製品の性状と取り扱い方法を明確にし、全ての取扱者の安全と健康、環境を守る。
【2023年までの化学品・製品安全の定量目標**】
(1)製品開発における安全評価の段階的な実施(継続)
   **新規製品の上市・市場開拓の審査100%(製品数%)
(2)取り扱う製品のリスク評価と管理の推進(継続)
   **製品安全教育100%(協議会加盟社数%)
(3)各国の化学物質管理法規に基づく申請・登録の確実な実施
   **各国の化学物質管理における物質登録100%(製品数%)
(4)SDS自動作成システムの運用と展開
   **安全性情報(SDS)の作成と交付100%(製品数%)
物流安全
  • 物流事故、トラブルの撲滅を目指す。
(1)物流トラブルの解析と水平展開の継続
(2)グループ会社物流部門との物流安全情報共有化
(3)届け先荷役作業状況の解析と改善
社会との対話
  • ステークホルダーからの評価向上を獲得し、信頼醸成を目指す。
RC全般
  • MGCグループ一体での環境安全活動推進を目指す。
グループ内コミュニケーションを強化し、安全・保安防災・環境経営の推進を図る。
  • RC管理システムの継続的な改善を図る。
  • ※1 休業災害であって、死亡災害、永久労働不能災害を伴うなど障害補償の対象となった又はその可能性のある障害、休業日数が4日以上であるもの
  • ※2 地域に係る環境汚染や地域住民が被災するなど第三者に脅威を与える事故、重大労災を伴う事故
  • ※3 最終処分量/廃棄物発生量

RC活動の実績と計画

三菱ガス化学は、レスポンシブル・ケア推進のため、計画の実績を評価し、次の計画へとつなげるPDCAサイクルを回しています。

2020年度までの環境保全の定量的目標 (RC中期計画2020:2018-2020)

  • ① エネルギー原単位:1990年度比 89%以下
  • ② 温室効果ガス排出原単位:1990年度比66%以下 (2016年度比90%以下)
    温室効果ガス排出量:1990年度比 32万トン以上削減(CO2換算) (2016年度比では10万トン以上削減)
  • ③ 廃棄物のゼロエミッション: 最終処分量が廃棄物発生量の0.3%以下
  • ④ PRTR法届出物質の排出量:2017年度比10%削減

RC中期計画2020(2018-2020)環境保全の定量的目標の結果報告(三菱ガス化学単体)

①工場製造部門において、エネルギー使用量の削減に取り組んだ結果、2020年度のエネルギー原単位は2013年度比98%であった。省エネ対策としてはコジェネ設備の更新、廃熱回収、高度制御の導入などの対策を実施した。

②工場製造部門において、COVID-19の影響を受けつつも温室効果ガス排出量の削減に取り組んだ結果、2020年度の温室効果ガス排出原単位は2013年度比94%であった。温室効果ガス排出量の絶対量については、2020年度実績は78万t-CO2換算であり、2013年度比33万t-CO2の削減であった。

③2020年度の廃棄物ゼロエミッション率は、MGC単体として0.51%であり、中期計画2020としてゼロエミッション目標は達成できなかった。2014年度以降ゼロエミッションを達成できていない。以前は有価物で引き取られていた廃触媒や活性汚泥が有価として引き取られなくなったため埋め立て処分している影響。

④2020年度実績PRTR法対象物質排出量は約277トンで、2017年度比約21%増加した。中期計画2020として、2017年度比10%削減の目標は達成できなかった。主な理由としては、一部の製品の生産量増加による。

PRTR法届出物質排出量の年度実績(三菱ガス化学単体)

■排出量(詳細)の推移

実績年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
排出/大気 (t) 213.3 226.7 270.1 266.4
排出/水域 (t) 15.1 7.5 9.7 10.9
排出/土壌 (t) 0 0 0 0
排出量 (t) 228.4 234.2 279.8 277.3
増減率 BM 103% 123% 121%

■排出量(合計)の推移

排出量(合計)の推移

※2019年度のPRTRデータを見直し、数値を訂正しています。