MH-MDプロセス

このプロセスは、三菱ガス化学独自のメタノール関連触媒技術を結集して開発した、メタノールから水素を製造するプロセスです。取り扱いの容易なメタノールとスチームの混合蒸気を、当社が開発した触媒上に供給して分解するスチームリフォーミング工程と、ガス精製法として代表的なPSA(プレッシャースイング吸着精製法)より成り立っています。
このプロセスは、メタノールから高純度の水素ガスを簡単に、かつ経済的にオンサイトで製造して供給します。

エレクトロニクス、ファインセラミックス、ファインケミカル工業などで高純度水素の需要が急増しています。水素ガスは、燃料電池、ガスタービンなどの次世代エネルギー分野においても注目されています。

製品に関するお問い合わせ

天然ガス系化学品カンパニー 化成品事業部
TEL:03-3283-4792 / FAX:03-3287-0837