ガスバリア性FRP用マトリクス樹脂「MAXIVE-R、MAXIVE-P」(開発品)

高圧容器CFRP層向けのガスバリア性熱硬化性マトリクス樹脂です。

水素に対するガスバリア性が高く、RTM成形、トウプレグにそれぞれ適した粘度やシェルフライフ(貯蔵寿命)を有する樹脂を開発しました。

ガスバリア性FRP用マトリクス樹脂「MAXIVE-R、MAXIVE-P」(開発品)

特長

  • 炭素繊維への含浸性、成形性が良く、良好な機械物性を発現します。
  • 汎用エポキシに対して約3~5倍のガスバリア性を有し、容器から漏れ出るガス量の低減やバリア層の薄肉化、ライナーレス化が期待できます。
  • 水素以外にも酸素、窒素、アルゴン等の各種ガスに対応します。
  • ガスタンクを始めとする様々な高圧容器のFRP層へ適用することが可能です。

標準仕様

種類 MAXIVE-R
(RTM成形用)
MAXIVE-P
(プリプレグ用)
水素透過係数 cc・mm/
m2・day・atm
25 40
ガラス転移温度(Tg) 95 120
硬化温度 120 160

主な用途

ドローンや燃料電池車(乗用車、大型車)に搭載する水素容器等

リーフレット

PDFをお読みいただくにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。

Get Adobe Acrobat Reader