連続繊維複合材/プリプレグ総合ページ

炭素繊維をはじめとする連続強化繊維に独自の高機能樹脂を含浸させたプリプレグ注)を紹介するページです。熱可塑性と熱硬化性の製品群があり、要求物性や形状に合わせたバラエティーに富む材料を開発しております。

注)プリプレグ:繊維にあらかじめ樹脂を含浸させた複合材料のこと。繊維強化プラスチック(FRP)の中間基材として用いられる。

熱可塑性プリプレグ

一方向プリプレグ(UDテープ)

一方向に束ねた炭素繊維に樹脂を含浸させたプリプレグです。

高剛性、低吸水を特長とし、金属との接着性にも優れるポリアミド系UDテープ

ポリアミド樹脂プリプレグの写真

これまでにない成形性と耐熱性を兼ね備えたポリイミド系UDテープ

ポリイミド樹脂プリプレグの写真

織物プリプレグ

綾織、平織、すだれ織(UDシート)等の織物に樹脂を含浸させたプリプレグです。

高い耐熱性や耐衝撃性を特長とし、独自製法により成形時間の短縮を可能にしたプリプレグ

ポリカーボネート樹脂プリプレグの写真

プリプレグヤーン(混繊糸)

連続繊維と樹脂繊維を混合した繊維状のプリプレグです。

操作性・成形性が良好なため、様々なプリフォームに対応し、複雑な強度設計が可能なプリプレグヤーン

ポリアミド樹脂プリプレグヤーンの写真

熱硬化性プリプレグ

織物プリプレグ

綾織、平織等の織物に樹脂を含浸させたプリプレグです。

常温保存可能なため冷凍保管が不要、かつ脱オートクレーブ(OoA)に対応したプリプレグ

プリプレグの写真

トウプリプレグ

繊維状のカーボン繊維を束ねた「トウ」に樹脂を含浸させたプリプレグです。

高いガスバリア性を特長とし、フィラメントワインディング成形向けに開発したトウプリプレグ。
また、RTM成形向けに粘度・硬化時間を調整したマトリクス樹脂も開発しました。

トウプリプレグ、RTM成形用樹脂の写真

製品に関するお問い合わせ

基礎化学品事業部門 企画開発部
製品開発グループ TEL:03-3283-4763 / FAX:03-3214-0938