熱可塑性炭素繊維プリプレグ(開発品)

炭素繊維にポリカーボネート樹脂を含浸させた熱可塑性プリプレグ材料です。
マトリクスに用いるポリカーボネート樹脂特有の高い耐熱性や耐衝撃性を有します。

熱可塑性炭素繊維プリプレグ(開発品)

特長

  • 独自製法による優れた樹脂含浸状態を有する炭素繊維強化熱可塑性樹脂(CFRTP)プリプレグです。
  • 体積当たりの繊維比率が高く、機械強度に優れます。
  • 樹脂がプリプレグ内部まで均一に含浸されているため、成形時間の短縮が可能です。

プリプレグ基本仕様

基材 3K平織/綾織
幅 [mm] 300
長さ [m] 50
形態 ロール(3インチ紙管巻)

マトリクス樹脂(ポリカーボネート)標準仕様

密度 g/cm3 1.20
ガラス転移温度(Tg) 146
推奨加工温度 250~300

主な用途

各種プレス成形、インサート成形

常温で保管が可能であり、自由に成形加工することが可能です。

製品に関するお問い合わせ

機能化学品事業部門 企画開発部
機能性ポリマーグループ TEL:03-3283-4869