ENTRY MY PAGE CONTACT
人材育成・福利厚生
人材育成・福利厚生

MGCの目指す人材育成

MGCの成長を支えてきた最も重要な資産は「人」です。存在理念「化学にもとづく幅広い価値の創造を通じて、社会の発展と調和に貢献します」の実現を目指し、 社員一人ひとりがプロフェッショナルとして個性を磨きながら、知識と能力を高めていく仕組みや自己実現を通じ活性化された職場・環境づくりに取り組んでいます。

MGCの求める人材像

『変化に適応し、仕事を通じ共に学び、成長できる意欲に満ちた人材』
1.
理想や夢をかかげ、意欲をもって自分の力を信じ、考え、努力を続けることができる。
2.
連帯感をもってともに励み、お互いを高め合うこと。そして、あらゆる世代へ共感を持ち、社会の変化を捉える確かな感受性と変化を恐れない勇気を持つことができる。
3.
執念をもって仕事の目標を追求し、難局を打開する知恵や技能を習得することができる。

人事制度

MGCの人事制度は、人材育成を重視し一人ひとりの適性・能力・目標に基づく個別管理を行うところに特長があります。具体的には複線型職能資格等級制度、評価制度(人事考課、業績評定、個人面談)およびこれらと明確に結びついた賃金制度の3つから構成されます。個人毎の役割、成果、能力に応じた公正な処遇体系を通じて、個々の希望に沿った多彩なキャリアの実現を支援しています。
人事制度

人材育成プログラム

MGCが常に独創性を保ち続けられる理由が、「少数ゆえに精鋭育つ」という言葉に集約されています。各自の意見に耳を傾け個性を伸ばし続けることが、組織全体を成長させることに。そこで社員一人ひとりの成長や役割に合わせた階層別教育研修や職能別教育研修を設けている他、着実なキャリア形成や自発的な能力開発の支援のために自己啓発などの教育研修プログラムを設けています。
人材育成プログラム

早期成長のための取り組み

MGCでは若いうちから積極的に仕事を任せられることもあれば、大きな裁量を与えられることも。何より「失敗を恐れずに挑む」という姿勢が求められますが、一人前の社員として責任ある仕事を任せられるよう、若手社員の育成に力を入れています。
階層別研修では仕事と向き合う上での基本的なスタンスを醸成。職能別教育研修では他者を巻き込み成果を上げるための基礎的なスキル(ロジカルコミュニケーション、プレゼンテーション)にはじまり、専門的なスキル(マーケティング、交渉戦略)まで幅広く習得。ジョブローテーションを通した実際の職務経験をベースに、管理職昇格までの間、計画的に実施されるこれらの教育を的確に絡めた育成を実施し、早期の成長を促します。
早期成長のための取り組み

福利厚生

一人ひとりの能力を最大限に発揮できるよう、
さまざまな福利厚生を整備しています。
住宅 ●社宅:独身寮、社宅※、外部借上社宅制度
※この場合の社宅は家族帯同
●住宅手当:認定家賃月額の75%を補助(地域別補助上限あり)
●住宅融資制度
財産形成
支援
財形制度、持株会、マッチング拠出(確定拠出年金)
保険 雇用保険、労災保険、厚生年金、団体加入保険
健康管理 健康診断(定期、特定)、保険指導、人間ドック補助、メンタルヘルスケア
施設 研修所、保養所(伊豆)、体育館、グラウンド、テニスコートなど
※事業所により異なります。
総合福利厚生
サービス
全国の宿泊施設、レジャー施設、
スポーツクラブや育児・介護に関わる各種サービスの補助
部活動 テニス、バトミントン、バスケットボール、サッカー、
フットサルなど(活動補助あり)
※事業所により異なります。
その他 勤続表彰、リフレッシュ制度

MGCダイバーシティ推進方針

MGCではダイバーシティ(多様性)を「すべての社員が多様な個性を活かして活躍すること」を定義しています。ダイバーシティ推進の基本方針として、互いに認め合い、刺激を受けることで、社員がいきいきと働き、多種多様なアイデア・発想が次々に生まれる活性化された風土づくりを目指しています。

基本方針

◆多様な価値観・考え方を尊重する意識づくり
互いの価値観・物事のとらえ方・感じ方・考え方の違いを受け入れ、尊重する社員意識の醸成を推進します。
◆多様な働き方を可能とする環境づくり
「働き方改革」により、多様で柔軟な働き方ができる職場環境の整備とワーク・ライフ・バランスの現実を推進します。
◆人材の多様化と一人ひとりを活かす組織づくり
性別、年齢、国籍、障がいの有無、学歴などにとらわれず、多様な人材を採用・登用し、多様性を活かす組織開発を推進します。
◆個々の強みを発揮できる人材づくり
社員一人ひとりが、プロフェッショナルとしての能力と個性を磨き、その発揮を可能とする人材開発を推進します。
◆心と体の健康づくり(健康経営の推進)
心身の健康が何よりも大切です。社員の健康維持・増進を推進します。
早期成長のための取り組み