事務系
管理部門

数字の裏にある「業務」に
きちんと目を向けられるように

辻村 浩貴

財務経理センター 経理グループ
2015年入社
経済学部 経済・経営学科

専門家として
仕事を任される醍醐味

入社後に山北工場の購買部門に配属され、2年目に本社の経理グループに異動しました。現在は一般会計チームと税務チームを兼任しています。経理の仕事は専門性を要求される印象がありましたが、しっかりとしたマニュアルがあるため、異動直後から業務に対応できました。また異動して1年で、グループ会社の経営陣に向けた税務に関する説明を担当するなど、一人の専門家として仕事を任されていることを実感しています。経理業務は各部署から届いた数字をまとめていくのですが、その数字がどういう意味を持つのかをイメージすることが大切です。工場勤務で材料を購入したり製品を出荷するプロセスに触れた経験が、経理に異動してからも非常に役立っていると思います。

専門家として仕事を任される醍醐味

税務情報を発信することで
会社に貢献

また、たんに数字をまとめるだけが経理の仕事ではありません。MGCでは毎年億単位の税金を国に納めていますが、控除対象になるものもあります。ただ、そうした公布情報を我々経理担当がきちんとキャッチしていなければ、控除の機会を喪失することになります。情報を各部署に発信することで利益率を高めたり、社員に還元できることは、この仕事のやりがいだと思います。一方でMGCが扱う化学製品は、原油から作られる製品群の中でも川上寄り(石油・天然ガス・化学品素材等)の製品が多いです。当然、原油価格の変動が収益に影響してくるため、日頃から原油価格の動向を気にするようになりました。経理という仕事を通して、今までよりも広い視野でビジネスを見られるようになったのではないでしょうか。

税務情報を発信することで会社に貢献

経理は、会社の方向性を決める
判断材料を提示する仕事

実は異動するまで、経理はあまり人と関わらず、黙々と数字に取り組む仕事だと思っていました。しかし実際には売上や税務のことで多くの部署から相談を受けるし、私からも積極的に顔を出して、“研究や研修、教育費は控除の対象になるのでこれくらい使えますよ”など提案も行っています。そうやって現場の声に耳を傾けることで、無機質な数字の裏にある業務が見えてくるのです。また、数字を通して会社の強みや課題も見えてきました。私たち経理がまとめ上げた数字に基づいて、経営陣は会社の方向性を決めるのだと思うと、重責を担っていることを実感します。今後もジョブローテーションがあると思いますが、どんな業務に就いたとしてもここで得た知識が役立つはず。交渉や折衝は苦手だと思っていましたが、今ではむしろこの経験を活かして営業やビジネスの前線に出てみたい、という思いもあります。それが可能だと思いますし、いろんな経験や素地を活かせる多岐にわたる事業展開をしているのも当社の魅力の一つですね。

経理は、会社の方向性を決める判断材料を提示する仕事
MESSAGE MESSAGE

MESSAGE

「この人たちと働きたい」が入社理由

目には見えなくても身近なものに製品が使われている化学メーカーに、就職活動当初から興味がありました。そこにはメーカーに勤務している父の影響もあったかもしれません。最終的にMGCを選んだ決め手は「人」です。説明会や面接で出会った先輩社員に物腰が柔らかな人が多く、こうした人たちと一緒に仕事をしたいと思いました。その印象は入社後もまったく変わりませんでしたね。

学生へのメッセージ

化学メーカー志望でしたが、就職活動中は一本に絞らず、興味を持った会社があれば業種を問わず説明会に参加しました。就職先を決めるためのポイントは人それぞれだと思いますが、せっかくの機会ですからさまざまな業種の企業に足を運び、納得できる就職先を見つけてほしいですね。