スペシャリストではなく
ゼネラリストであることの醍醐味

技術系全般が対象となる化学系社員は、研究所や工場の研究技術部に配属され、多くは化学やバイオの研究開発、中には設備設計を担当します。最初の配属先は必ずしも学生時代の専攻にとらわれず、ジョブローテーションなどを通してさまざまな分野・役割に携わってもらいます。多くのことを学び、幅広いスキルが身に付きます。風通しのよい社風と若手への権限移譲が育成を支えています。研究部門では既存の製品をブラッシュアップする開発や世の中にない技術や材料を見つける探索といった業務があります。

職種

  • 研究員(探索)

    MGCの新しい柱を作る、という重要な役割を担っています。顕在化していない社会のニーズをとらえ、新しい技術を生み出すという、難易度が高くやりがいも大きい仕事です。大学や企業を訪問して隠れた情報を入手したり、大学を活用して自社にはない新しい技術を習得しながら、新たな製品作りに取り組みます。

  • 研究員(研究開発)

    自社製品周辺の研究により事業基盤を強化していきます。長年蓄積された独自技術をベースにしながら、それぞれが持つ専門知識を活用し、社会の変化に対応して技術を改良していきます。フラスコレベルの実験が短期間にプラントで実現される醍醐味を味わうことができます。

  • プロセスエンジニア
    (設備設計)

    主に化学工学を活用し、研究開発で得られた情報をもとにパイロット装置や本プラントの設計を行います。本プラントの試運転では、プロジェクト要員として計画完了まで携わり、プラントの誕生に立ち会うことができます。

  • 企画

    事業的視点に立って戦略を考え、研究の方向付けを行っていきます。研究だけでなく事業戦略にも精通する必要があるため、研究で幅広くスキルを磨いた後に、企画となって戦略面で研究をリードしていきます。

化学系社員の
キャリアプランのポイント

  • ゼネラリストとして、
    知見を広げる

    フラスコレベルの実験からプラント、事業戦略まで様々な仕事に関っていくことが期待されています。それらの仕事を通して、学生時代の専門分野だけにとらわれず、企業の技術者として幅広い知識と経験を深めていきます。

  • チームリーダーから
    グループリーダーへ

    一研究員として研究を担当する立場から始まり、幅広い経験を経て、チームリーダーとして組織的に研究を進める立場へとシフトしていきます。その後、グループリーダーとして複数のチームを束ねる、あるいは企画として事業戦略を考え研究を率いる役割を担うことが期待されています。

募集要項