事務系
営業

安全な製品が求められる今、
世界が私の提案を待っている

真柄 水紀

芳香族化学品カンパニー
芳香族第一事業部 営業グループ
2014年入社
商学部 商学科

父の背中を見て憧れた、
ものづくりの世界

電機メーカーの技術者だった父の姿を見てきたこともあり、ものづくりの仕事に憧れをもっていました。就職活動を通して最終製品の素材である化学品を扱う業界に将来性を感じるようになり、技術力という強みをもつMGCを選びました。入社後は新潟工場で経理を担当。ものづくり最前線での技術者の苦労を目の当たりにできたことは幸運でした。そして入社から2年のタイミングで本社営業へと異動。現在は全国のお客様からオーダーを受け、新潟工場へ「MXナイロン」を発注する側になりました。MXナイロンは炭酸飲料ボトルなどのバリア性向上に用いられる原料ですが、お客様から技術的なご相談を受けることも多く、上司やスタッフの技術的な対応を間近で見ながら勉強をする毎日です。

父の背中を見て憧れた、ものづくりの世界

営業だからこそ
提案できる新製品のアイデア

そんなMXナイロンのニーズをいかに拡大するかが、私が所属するポリマーチームの目下の課題。営業としてできることは、工場の会議に参加してお客様の成型装置に関する研究情報を持ち帰り、興味を持っていただけそうなお客様にご提案する、といったことになります。このチームでの仕事の面白みは、常に技術者と二人三脚で製品の可能性を探っていくことです。もちろん技術的な提案はできませんが、仕事を離れた場でもアンテナを張る努力をしています。「化粧品に使えないかな?」、「シャンプーのボトルはどうだろう?」などと考えている時がとても楽しいですね。このように営業と技術が協力し合い、世の中に新しい提案をする。これこそ、私が社会に出てやりたかったことなのです。

社を代表して共同研究に臨んだ1年目

現場の苦労を知るからこそ
世界に打って出たい

MXナイロンは最終製品ではないため、エンドユーザーから直接感想を聞く機会はほとんどありません。けれども営業に出掛けた先でお客様から「MGCのMXナイロンは品質が安定しているので、安心して使うことができる」といったお声を頂戴した時は嬉しいですね。その嬉しさは、工場や研究所の人たちの苦労を知っているだけに、より強く感じます。高コストがネックとなって海外製品に押されてしまう日本製品もありますが、食に対する安心・安全の意識が世界的に高まっている現在は、MGCの高機能製品が海外でも受け入れられる好機でもあると考えています。そしてこの絶好の機会に営業に配属されたことは、私にとっても大きなチャンス。技術と一緒に、世界へ打って出たいと考えています。

自社の化成品とバイオをつなぎ、新製品を
MESSAGE MESSAGE

MESSAGE

人を大切にする社風が決め手

ものづくりへの憧れからさまざまな業界を調べるうちに、幅広い分野への可能性に満ちた化学業界に興味を持つようになりました。そして自社の技術力を強みにしている点や、少数精鋭を標榜していることから成長する機会が多いと思い、MGCを志望するように。先輩社員の話から、人を大切にする会社だという印象を持ったことも決め手になりました。

学生へのメッセージ

就職活動は、自分自身を見つめ直す良いチャンスです。自分が好きなこと、やりたいことをこの機会にじっくり考えてみてください。また、自分の生活に多くの人と企業が関わっていることを改めて実感する機会でもあります。多種多様な業界の人に触れることで、新しい道が拓けるのではないでしょうか。就職活動を通じて学んだことは、社会人になってもきっと役に立ちますので、前向きに楽しんでください!