技術系
エンジニア

工場の安定稼働のためには
営業的視点での確認が不可欠

金田 伊織

鹿島工場 化学品製造部製造課
2016年入社
工学研究科 応用化学専攻

年に1回の定期修繕を安全に行うために

過酸化水素とポリカーボネートを生産している鹿島工場。その中で私の担当は過酸化水素の製造であり、運転や設備の管理を任されています。生産ラインをパトロールする運転班から状況を教えてもらい、劣化や不具合が予想される箇所について対応していくのです。中でも大きなウエイトを占めるのが、工場の定期修繕の準備。年に1回、GW明けに行われるのですが、期間中は工場の稼働を止め、事前にチェックしていた設備の修繕や、新しい機器の導入といったプロジェクトを順次進めていきます。見積もりやスケジューリング、機器のレイアウトなど、各部署と話し合いながら進める業務も多く、緊張感をもって業務に臨んでいます。

年に1回の定期修繕を安全に行うために

工場勤務でも無駄にならない、営業での経験

私の就職活動を振り返ってみると、専攻が化学だったこともあり、自然と化学メーカーについて調べるようになっていました。当初事業内容はもちろん、職種についても限定せずに幅広く考えていたことを覚えています。というのも研究開発など技術職に興味はありましたが、自分がどのような職種に向いているのか分からなかったから。技術職だけでなく、事務系の職種にも興味をもっていたのです。実際に入社してからの9ヵ月は超純過酸化水素・超純アンモニア水の営業に配属。お客様から要望を聞き出すヒアリング力や、外を飛び回りながらも忙しさに流されない自己管理力などを身につけることができました。現在の業務では工場全体を俯瞰して見ることが求められますが、各部署の社員との緊密な情報交換や日々の運転管理といった場面で、営業時代の経験を生かせています。

工場勤務でも無駄にならない、営業での経験

工場全体を知ることが、仕事を知ることに

私には「この仕事をやりたい」「この製品に関わりたい」というこだわりはありません。ただ、いつかは新プラントの建設や立ち上げに携わりたいと思っています。そのために必要となるのが、製造技術に関する幅広い知見や経験。私が担当する定期修繕は工場全体を理解しなければできない業務であり、非常に勉強になります。分からないことがあっても先輩や上司に相談すれば、仕事の手を止めてきちんと教えてもらえます。「今忙しいから」と断られたことは一度もありません。こうした職場環境に感謝をしつつ、できるだけ多くのことを、業務を通じて吸収したいですね。

場全体を知ることが、仕事を知ることに
MESSAGE MESSAGE

MESSAGE

事業、そして職域の幅広さが決め手に

就職活動を始める前から化学関連の仕事に興味をもっていましたが、業界研究を行っていくと技術や製品の多彩さ、また幅広い事業領域があると知り、化学メーカーに絞っていくようになりました。MGCは基礎化学品から高付加価値製品までさまざまな製品を取り扱っており、ジョブローテーションで自分に合った仕事が見つけられるのではないかと思い、志望しました。

学生へのメッセージ

学生時代の研究テーマがそのまま仕事に直結することは稀だと思います。しかし、問題解決のプロセスやディスカッション、プレゼンテーションなど、研究を通して培ったスキルは社会でも大いに役立ちます。目指す業種や職種に出会うまで、広い視野を持って就職活動に取り組んでいただければと思います。