ENTRY MY PAGE CONTACT

さまざまな関門をクリアして
研究の成果を世に出したい

研究開発
渡辺 理紗
東京研究所 第七研究グループ
理工学研究科 分子物質化学専攻
脱酸素剤のテクニカルサポートを担当。今後に向けて、脱酸素剤の原材料を代替できる製品の開発検討(候補のピックアップ〜試作〜評価)をおこなっている。このほか酸素検知剤『エージレスアイ』の開発検討を中心に、ユーザーからの依頼による既製品の分析、特許関連の調査など、業務は多岐にわたる。
My favorite
  • ロールから切り出し、
    固定して、物性を書きとめる。
    私の必須アイテムは、ハサミとマスキングテープです。最近の実験ではプラスチックフィルムを使うことが増えました。ただしロールで購入しているので、必要な分だけ切り出す必要があります。そこでまずハサミの出番です。切り出した後、丸まってしまわないよう実験台などに固定するために、マスキングテープを使います。マスキングテープはとても便利で、実験で出た物性をその場ですぐ書きとめておきたいときは、メモ代わりにもなるのです。