技術系
エンジニア

トラブルは、好機と表裏一体
機会を逃さず工場の改善に

石井 駿平

四日市工場 工務部 工務課
2014年入社
自然化学研究科 材料生産システム専攻
※所属および内容は取材当時のものです。

工場の安定稼働・
安全運転を担う存在

浪速製造所は、大阪というロケーションを最大限に活かした都市型工場です。プラスチックレンズの原料となるモノマーを主力とする高付加価値製品の製造に取り組んでおり、私自身はモノマーに関する生産管理・設備管理を担当。日々の運転状況を踏まえて生産スケジュールの調整から、手順書や技術標準書の改訂などを行っています。また、年に一度行われる定期修繕の計画立案、予算見積、各部門への作業依頼も私の担当です。これらは工場の安定稼働や安全運転の要となるだけに、緊張感をもって日々の業務を進めています。

工場の安定稼働・安全運転を担う存在

know-howではなくknow-whyも明確に

眼鏡などに使用されるレンズモノマーは、製造工程において大事故を起こすような危険性が少ない反面、配管を閉塞させてしまうといった小さなトラブルが起きやすい性質を持っています。現場ではその対応に追われますが、そこで役立つのがこれまでの知見、つまりknow-howです。そこで私は1年ほどかけて各種トラブルへの具体的な対応策をまとめた、100個ほどの項目で構成される手順書を新たに作成。know-howだけでなく「なぜこの手順で進める必要があるのか」といったknow-whyを明確化したことで、現場担当者の理解を深めただけでなく、後任にも引き継がれるMGCの財産とすることができました。

know-howではなくknow-whyも明確に

トラブルが起きても、
ただでは起きない

工場において、あってはならないのがトラブル。けれどももしトラブルが発生した場合、それは一つの重要な機会でもあります。以前、ある故障を機に、現業部門や保全部門の協力を仰ぎ、ある操作を手動から自動へと切り替えました。結果的に2ヵ月に1回行われていた保守作業が、1年に1回へと軽減されたのです。前述の手順書も同様ですが、私たちの仕事は小さな創意工夫の積み重ねで成り立っています。その小さな積み重ねが、プラント運転の改善へとつながっていくのです。目に見える部分での変化も多く、業務のやりがいとなっています。今後もいろいろな事象を自ら体系立てて理解、整理することで、プラントをブラッシュアップしていく。それが私の目標です。

トラブルが起きても、ただでは起きない
MESSAGE MESSAGE

MESSAGE

データからは分からない雰囲気を大切に

気になる会社の業務内容などの情報は簡単に手に入ると思いますが、「どんな雰囲気の会社なのか」、「どんな人と働くことになるのか」は、説明会などを通じて実際に感じとらなければ分かりません。私は説明会などの雰囲気に加えて、先輩社員の話などを参考にして、「この会社でぜひ働きたい」と感じた会社の選考に臨みました。

学生へのメッセージ

専攻分野以外に触れる機会が多いのが、化学メーカーの面白さだと思っています。それに加えて各分野の社員が連携しながら共に成長していける職場環境が、MGCの魅力です。「知的好奇心を満たし、自身の成長につなげたい」と考えていた私にとって、MGCは最適な環境。皆さんも自分のやりたいことを達成できるよう、就職活動を頑張ってください。