技術系
エンジニア

化学メーカーで感じる
電気ならではの面白さ

櫻井 達哉

水島工場 工務部 電装課
2016年入社
自然科学研究科 電気情報工学専攻

化学製品の製造を、
電装の分野から支える

プラントを稼動させて日々の生産活動を担うのが製造部なら、製造部がプラントをうまく運転していけるようサポートするのが工務部の役目。どんな装置も機械を電気で動かすため、部署も機械系と電気系とに大別されており、私は後者を担う電装課に所属しています。動力設備や受変電設備といった強電分野だけでなく、製造プロセスに組み込まれた調節弁などを遠隔操作する、通信装置や監視装置といった弱電分野もカバー。プラントの新設や増設、トラブル対応など、水島工場における電気・計装設備のあらゆる事象に関与し、工事の計画、プラント設計から建設、保守に至る一連の業務を担い、工場の安定的な稼働に努めています。

化学製品の製造を、電装の分野から支える

化学と電気をつなげたことで
広がった世界

入社直後の1年半ほど、私は製造部に所属し、超強酸を扱う装置の運転、監視を行っていました。もともと化学は専門外。物性や反応、蒸留といった知識を持ち合わせておらず、当初は化学プラントのイメージがまったく持てませんでした。ところが初めて経験した定期修繕で、化学プラントの構造をつぶさに見る機会に恵まれ、一気にイメージが膨らみました。化学の原理原則と、そこに電気がどう関わっていくのか。私が理解できたのはほんの一部かも知れませんが、それでも化学の面白さ、電気の奥深さに気づかされました。製造課での経験は化学と電気をつなげ、それが自分の世界も広げることになる、とても貴重な経験となりました。

化学と電気をつなげたことで広がった世界

電気一辺倒では
味わえなかった痛快さ

工場では、製造する製品が変われば必要となる装置も変わります。それはまるで別会社の集合体のような多様性を持っています。プラントで使用される設備や器材は強電性のものもあれば弱電性のものもあります。また酸性対応のものもあればアルカリ性対応のものも。多種多様な装置に囲まれた中で私が感じているのは、もしかすると電機メーカーや電力会社では身につかなかったかもしれない知識やスキルを、化学メーカーで獲得する痛快さです。化学メーカーだから得ることのできる電気の知識や、化学とは違う視点での電気へのアプローチなどは、入社するまで気づかなかった仕事の面白みです。MGCには、機電系出身の学生が活躍できるフィールドが、まだまだあるはずです。

自社の化成品とバイオをつなぎ、新製品を
MESSAGE MESSAGE

MESSAGE

機電系学生にとって化学業界は狙い目

学んできた電気の知識を活かしながら、更に知見を広げる仕事がしたいと思っていました。化学メーカーであっても配電や制御機器など、電気の知識は不可欠。機電系出身の社員の活躍の場が多い一方で、そうしたことを学んできた学生の応募は化学系ほど多くはありません。それは裏返せば、早期に責任ある仕事に就けるチャンスでもあると思い志望しました。

学生へのメッセージ

理系の皆さんに伝えたいのは、自らの専攻に縛られて「道は一つしかない」と思い込まないでほしいということです。たとえば化学メーカーであっても、電気系、機械系の技術者が活躍する場が必ずあります。特に高付加価値製品を生み出すMGCの各種プラントは、化学、電気、機械の英知の結集であり、各分野の技術者が輝くことのできる最高の舞台です。