ニュースリリース 2022年

脱炭素社会実現に向けた環境省主催の意見交換会参加について

2022年6月24日

 三菱ガス化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:藤井 政志、以下、当社)は、2022年6月6日に新潟県庁で開催された、脱炭素社会実現に向けた環境省主催の意見交換会に参加しました。また、中川康洋環境大臣政務官らが当社の新潟工場(新潟県新潟市北区)を視察されました。

 新潟工場は当社が進める、CO2・廃プラスチック・バイオマスなどをメタノールに転換して化学品や燃料・発電用途としてリサイクルする「環境循環型メタノール構想」の取り組みの中心的拠点であり、「新潟カーボンニュートラル拠点化・水素利活用促進協議会」および「新潟港カーボンニュートラルポート形成協議会」にも参画し、地域との連携を積極的に進めています。

 今回の意見交換会は、環境省が環境政策にかかる全国行脚の一環として開催したもので、新潟県副知事や自治体首長、当社を含む地域の企業関係者らが、今後の地域脱炭素の具体的な進め方について中川環境大臣政務官と意見交換を行いました。
 当社は、新潟工場におけるGHG削減の取り組み、および環境循環型メタノール構想等について紹介するとともに、化学製品における環境価値の評価システムの整備や行政との連携の重要性について現状説明を行いました。
 また、意見交換会に先立ち、中川環境大臣政務官らが新潟工場に来場され、稼働中の環境循環型メタノールの実証プラントを視察されました。

 当日の意見交換会の内容および工場視察の様子は、環境省のホームページで紹介されています。

環境省ホームページ

環境省ホームページ内フォトレポート

 当社は、グループミッション「社会と分かち合える価値の創造」に基づき、環境循環型メタノール構想による脱炭素社会への取り組み等を通じて、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

以 上

お問い合わせ先

三菱ガス化学株式会社
総務人事部広報グループ
TEL:03-3283-5040