出土金属器の劣化防止[RPシステム]

無酸素・無水分の状態を維持すれば、出土金属器のように空気中で急速な劣化が進行するものも、安全に保存できます。
脱塩処理までの一時保存、樹脂処理後のゆるやかな劣化進行を止める事ができます。
強力な乾燥機能と脱酸素機能を併せ持つRP剤ANタイプと、透明なフィルムの中では最高級のバリア性を持つ“エスカル・ネオ(ガスバリア袋)”の組み合わせが最適です。

ご注意

シリカゲルから放出される水分でRP剤の吸水能力が無駄になるため、

RP剤ANタイプ(脱酸素乾燥剤)とシリカゲルの併用は推奨しておりません。
RP剤Kタイプ(脱酸素剤)と文化財用に調整された 調湿シリカゲルの併用とは
混同しないようお願いいたします。

RPシステムの特長

  1. 原理が単純明快。遺物そのものに手を加えない、安心できるシステムです
  2. 作業がとても簡単。装置が不要で、どなたにもすぐに作業ができます
  3. 一度パックすれば5年程度は放置可能。シリカゲルのように何度も交換する必要がありません。
脱塩処理前の出土遺物は、わずかな水分量でも劣化が進行します。湿度インジケーターカードでモニターし、定期的にRP剤の交換を行ってください。
調査等で一度開封した後のRP剤は必ず入れ替えてください。
  1. 発掘直後の物から保存処理後の物まで、どの段階の遺物にも同じように効果的です
  2. 1回の包装あたりのコストは平均で百数十円。1年あたりの保存コストはわずか数十円です
  3. 100個単位の小分け販売を実施中。少額の予算で資材一式が揃います

実施例とポイント

トレイ、クッション材を使った例

A RP剤
B 酸素インジケーター
C 湿度インジケーター(カード)
D クッション材
E プラスチックトレイ
F 出土金属器

トレイ、クッション材はできるだけプラスチック製のものを使い、水分含有量の多い厚紙などは避けます。紙類の使用がさけられない場合は、十分乾燥させてください。

小さな遺物をまとめてパックした例

A RP剤
B 酸素インジケーター
C 湿度インジケーター(カード)
D クッション材

遺物を1個ずつポリ袋に入れ、それをまとめてRPパックします。

鉄剣の包装例

エスカルを使えば長い剣も簡単にパックできます。水分含有量の多いトレイは使用しないでください。

製品に関するお問い合わせ

特殊機能材カンパニー 脱酸素剤事業部
TEL:03-3283-4867 / FAX:03-3287-1785