環境安全の活動計画

三菱ガス化学は、1992年にリオ・デ・ジャネイロで開催された地球環境サミットで世界各国が合意した「持続可能な開発」と「循環型社会の構築」の考え方に共感し、日本レスポンシブル・ケア協議会(JRCC)の設立に参画。発足と同時に加盟し、総合安全管理規程を制定して、レスポンシブル・ケア(RC)を推進しています。

レスポンシブル・ケアとは、化学物質の開発から製造、流通、使用、最終消費を経て廃棄に至る全ライフサイクルにわたって、「環境、安全、健康」を確保し、事業活動を地球環境の保護に調和させる自主管理活動です。

※JRCC : 2011年4月から一般社団法人日本化学工業協会RC委員会として運営。

レスポンシブル・ケア中期計画2020 (2018~2020年)

三菱ガス化学は、レスポンシブル・ケア推進のため、RC中期計画とRC年度計画を策定し、目標達成に向けた取り組みを行っています。

活動コード 中期計画
労働安全衛生 <基本方針>操業における健康、安全の確保
  • MGCと協力会社の労働災害撲滅を目指して、
  • 日常安全活動およびコミュニケーションの充実
  • 災害事例の共有と活用
  • 健康的な職場環境の維持改善
を図る。
保安防災 <基本方針>現場における保安と安心の確保
  • 事故ゼロの達成を目指して、
  • 設備管理の充実
  • 事故事例の共有と活用
  • Bridge-Ⅱ活動(保安力と現場力の向上)の推進
を図る。
環境保全 <基本方針>環境負荷の削減と持続可能な社会発展への貢献
  • 企業活動を通じた社会貢献と自然環境の保全の両立を目指して、
  • 環境法令などの要求事項の遵守
  • 環境負荷削減目標の達成
  • 環境保全における社会からの信頼および評価の向上

を図る。

【2020年までの環境保全の定量的目標】

  • エネルギー原単位:
    1990年度比 89%以下
  • 温室効果ガス排出原単位:
    1990年度比66%以下
    (2016年度比90%以下)
    ・温室効果ガス排出量:
    1990年度比 32万トン以上削減(CO2換算)
    (2016年度比では10万トン以上削減)
  • 廃棄物のゼロエミッション:
    最終処分量が廃棄物発生量の0.3%以下
  • PRTR法届出物質の排出量:
    2017年度比10%削減
化学品・製品安全 <基本方針>化学品の取扱・使用・廃棄における安全の確保
  • 化学品製品安全のライフサイクル全般における確実な安全確保に向けて、
  • 充実した安全性情報の調査と発信
  • 化学品製品のリスク管理
  • 各国の化学物質管理の枠組み(国際法規制)への対応
を図る。
物流安全 <基本方針>原料・製品の物流における安全の確保
  • 物流事故、トラブルの撲滅を目指して、
  • 物流トラブルの解析と水平展開の継続
  • グループ会社物流部門との物流安全情報共有化
  • 届け先荷役作業状況の解析と改善
を図る。
社会との対話 <基本方針>ステークホルダーからの信頼醸成
  • ステークホルダーからの信頼醸成に向けて、
  • 積極的な情報公開
  • 社会との対話機会の拡大
を図る。
RC全般 <基本方針>三菱ガス化学グループとしての環境・安全活動の推進
  • 三菱ガス化学グループ一体での環境安全活動推進に向けて、
  • グループ内コミュニケーションの強化
  • グループとしての環境経営の推進
を図る。
<基本方針>環境・安全管理システムの継続的改善
  • RC管理システムの継続的な改善
を図る。

RC活動の実績と計画

三菱ガス化学は、レスポンシブル・ケア推進のため、計画の実績を評価し、次の計画へとつなげるPDCAサイクルを回しています。