環境マネジメント

環境マネジメントシステム(ISO14001)(三菱ガス化学単体)

三菱ガス化学は、全ての工場で環境マネジメントシステム(ISO14001)を取得しています。

  ISO14001 取得年月
取得事務所 登録番号 (1996年版) (2015年版)
新潟工場 1162-1998-AE-KOB-RvA 1998年6月 2017年11月
水島工場 JCQA-E-0145 2000年5月 2018年5月
四日市工場
 浪速製造所
 佐賀製造所
JQA-EM0502 1998年8月
(四日市工場として)
2017年8月
鹿島工場 JQA-EM0345 1999年2月 2018年1月
山北工場 JQA-EM0859 2000年5月 2018年5月

生産に係るインプット・アウトプット(三菱ガス化学単体および国内グループ)

2017年度における三菱ガス化学単体および国内グループの生産に係る主要なインプット・アウトプットは次の通りです。

生産に係るインプット・アウトプット(三菱ガス化学単体および国内グループ)

環境保全投資(三菱ガス化学単体)

三菱ガス化学は、2015年度より「環境保全投資」を実施しています。
環境保全投資とは、環境負荷削減効果が大きいと考えられるが投資回収期間が長いなどの理由で通常の投資案件には採用されにくい案件や、生物多様性の保全につながる案件を各事業所から募集して、本社の環境安全品質保証部および生産技術部からなる事務局が、実施する案件を選択して予算を確保し、投資を実行していくというものです。

例えば、水銀灯や蛍光灯をLEDに置き換えれば、省エネルギーと同時に水銀含有機器の削減が可能です。また、空調設備を省エネタイプに置き換えることで省エネルギーと特定フロン削減(即ちオゾン層破壊防止)の両方の効果が、さらにはノンフロンタイプの空調機器に置き換えればそれらに加えて温室効果ガス削減の効果も得られます。

2017年度は、事業所の建物や構内道路の照明について水銀灯からLED灯への置き換え、空調設備の更新、天然ガス圧縮機の補助器設置などを行いました。これによって概算で約27万kWh/年の電力削減効果が得られました。