環境会計

環境保全コストと経済効果(三菱ガス化学単体)

三菱ガス化学は、環境省ガイドラインに沿った環境会計を集計し、公表しています。環境会計では、三菱ガス化学単体における事業活動にて支出した、環境保全のための投資額、費用額、および得られた実質的経済効果を定量的に把握しています。

  • 投資額

    2017年度に行なった投資のうち、環境保全に関係するものの合計額は、約5億円でした。主なものには山北工場における排ガス処理設備の改善があります。

  • 費用

    2017年度の環境保全に関係がある費用の合計額は約84億円でした。このうち、研究開発コストが約25億円で最も多く、全体の30%でした。

  • 経済効果

    事業活動で発生した不要物の売却による収益、および省エネルギー対策によって節減した費用を、実質的経済効果として計上しています。

経済効果

種類 対象 2016年度
(百万円)
2017年度
(百万円)
収益 有価物などの売却 25.9 29.5
費用節減 省エネルギーによる効果 355.7 1,064.1

環境保全コスト(事業活動に応じた分類による投資および費用)

分類 主な取り組み内容 2016年度
(百万円)
2017年度
(百万円)
投資額 費用額 投資額 費用額
事業エリア内コスト 公害防止コスト 大気汚染防止 排ガス処理設備の改善 212.9 736.1 57.1 771.2
水質汚濁防止 排水処理設備更新、
測定機器更新
102.6 1,627.4 55.7 1,602.0
土壌・騒音対策等 土壌浸透防止対策 8.4 0.3 16.9 0.0
地球環境保全コスト 水銀灯などのLED化、
空調機器更新
114.7 1,323.4 90.0 1,928.3
資源循環コスト 廃棄物のマテリアルおよび
サーマルリサイクル
7.1 873.5 0.2 931.6
上・下流コスト 製品容器の回収・リユース、イエローカード管理 0.0 52.3 0.0 55.5
管理活動コスト 緑地の整備・維持管理、
環境関連分析
33.9 516.5 24.9 487.8
研究開発コスト 省エネ技術や環境貢献製品の研究開発 283.6 2,899.8 259.2 2,498.4
社会活動コスト 周辺緑化の費用、地域との
コミュニケーション
0.0 11.1 0.0 10.1
環境損傷対応コスト 汚染負荷量賦課金 0.0 75.4 0.0 77.7
合計 763.1 8,115.9 504.0 8,362.6
  • 環境省 環境会計ガイドライン2005年版に準拠
  • 期間:2017年4月1日から2018年3月31日まで
  • 範囲:三菱ガス化学単体
  • 方法:投資額は、資本支出の承認額または執行額から環境保全に関連する割合を按分した。
    費用額は、支出した費用のうち環境保全に関連する割合を按分した。減価償却資産の減価償却費を含む。