中期計画(環境負荷削減定量目標)

三菱ガス化学は、RC中期計画において定量的な環境負荷削減目標を立てて、達成に努力しています。
また、MGCグループ環境安全推進協議会では、三菱ガス化学および会員企業がレスポンシブル・ケアに準じた活動を行っており、定量的な環境負荷削減目標を立て、達成に努めています。

2020年度までの環境保全の定量的目標
(RC中期計画2020:2018-2020)

  • ① エネルギー原単位:1990年度比 89%以下
  • ② 温室効果ガス排出原単位:1990年度比66%以下 (2016年度比90%以下)
    温室効果ガス排出量:1990年度比 32万トン以上削減(CO2換算) (2016年度比では10万トン以上削減)
  • ③ 廃棄物のゼロエミッション: 最終処分量が廃棄物発生量の0.3%以下
  • ④ PRTR法届出物質の排出量:2017年度比10%削減

MGCグループ環境安全推進協議会の廃棄物削減目標(2016-2018)

目標: 2018年度までに、廃棄物最終処分量を2015年度実績から一時的増加分を除いた量に対して、10%削減する。

結果: 事業見直しに伴う廃棄物や廃触媒などが一時的に発生したことや、廃活性汚泥を埋め立て処分に変更したことにより、最終処分量はベンチマークよりも増加してしまいました。MGCグループは、今後とも廃棄物削減に取り組んでまいります。

廃棄物最終処分量と削減比率(三菱ガス化学単体+国内グループ)

廃棄物最終処分量と削減比率(三菱ガス化学単体+国内グループ)
  • ※三菱ガス化学本体:2015年度実績700トンから、一時的増加分であるNFアンモニア装置停止に伴う廃触媒処理増加分 想定586トン(594 - 8トン)を控除
  • ※2015年度実績がベンチマーク