メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字サイズ

事業・製品

ここから本文になります。

物性

遮音性

ユーピロン・シートは特に遮音材料として開発した製品ではありませんが、他の遮音板に比較しますと、いろいろな面で利点を有しています。すなわち

  1. 透明な材料なので光線をさえぎることがない
  2. 軽いので施工作業が容易である
  3. 長期的に遮音性能が変化することがない(他の材料では吸音孔の目詰まりによって遮音性能が変化するものもある)
  4. 自動車などの衝突などに対し、高い衝撃性を示す

などです。
一般的に遮音性能を評価する目安として透過損失の値を用いています。ユーピロン・シートの周波数による透過損失は図1に示すとおりです。図からわかりますように、コインシデンスによる透過損失の低下が認められないので、周波数によって遮音性能が急に低下することはありません。また、透過損失は質量則によるものとされており、面密度の大きい材料の方が透過損失は大きく、遮音材として好ましいとされています。ユーピロン・シートについての質量則により計算すると、図1の実線および破線のように実測値と比較的近似した傾向を示しています。

図1 ユーピロン・シートの透過損失の実測値と計算値

透過損失の実測値と計算値

燃焼性

UL規格によるユーピロン・シートの燃焼試験結果は以下に示すとおりで、電気分野における樹脂板の中では最も高いランクに位置しています。

ユーピロン・シートの燃焼試験結果
分野 試験規格 試験場所 取得規格
電気 UL94 アンダーライターズ・ラボラトリーズ・インク

厚さ0.5~1.0㎜のNF-2000(V-2)
NF-2000V(V-2)
NF-2000VU(V-2)
N-7S(V-0)


一方、ユーピロン・シートが燃焼したときに発生するガス成分は以下に示すとおりで、刺激性の有毒ガスをほとんど発生しないことも大きなメリットです。

各温度範囲におけるPCの燃焼生成物
  < 475℃ 475~500℃ 500~550℃ 550~1000℃
CO² 90 60 133 997
CO 10.3 14.6 60 248
メタン 2.25 2.48 5.69 3.75
その他 0.64 1.67 2.70 2.19

単位mg/g

製品に関するお問い合わせ

機能化学品カンパニー 合成樹脂事業部

機能製品グループ

TEL:03-3283-4797 / FAX:03-3283-4785

お問い合わせ

事業・製品

製品ナビ MGCの製品をお探しいただけます。

PAGE TOP