メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字サイズ

事業・製品

ここから本文になります。

SAMeについて

S-adenosyl-L-methionine(SAMe)は1951年にイタリアにて発見、構造決定された生体内にも存在する天然物質です。
1974年からヨーロッパで精製塩が関節炎、抗うつ、肝疾患の医薬品として使用されています(14カ国以上で承認)。
また、1999年からは米国でサプリメントとして使用されています。

生体内での働き

  • 神経伝達
     ・メチル基供与体として神経伝達物質の合成促進
     ・リン脂質のメチル化による合成を促進し、神経細胞膜や受容体細胞の合成・維持強化
  • 肝臓
     ・グルタチオンやタウリンの合成促進(硫黄転移)
     ・胆汁の生成・分泌促進
  • 関節
     ・硫黄基供与体として、コンドロイチン硫酸、硫酸グルコサミンなどの軟骨成分の合成促進
     ・ポリアミンの合成促進

製品に関するお問い合わせ

天然ガス系化学品カンパニー 有機化学品事業部

TEL:03-3283-4776 / FAX:03-3287-0837

お問い合わせ

事業・製品

製品ナビ MGCの製品をお探しいただけます。

PAGE TOP