メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字サイズ

事業・製品

ここから本文になります。

パラホルム(パラホルムアルデヒド)

略号 PFA
生産工場 新潟
主な用途 塗料、接着剤、繊維加工樹脂、フェノール樹脂
荷姿 フレコン、紙袋
既存化学物質番号 (9)-1941

物性

  86%PFA 92%PFA
化学式 HO(CH2O)nH
分子量 n=2~100(分子量はnに応ずる)
外観 白色、粒状固体、刺激臭
比重(真比重) 1.25~1.35 1.30~1.40
沸点(℃ 30mmHg) データ無し
凝固点(℃) 80~160 120~170
引火点(℃) 約63 約93
発火点(℃) 約300
粉塵爆発:爆発下限界 40g/m3
最小着荷エネルギー 20mJ
溶解度 水に難溶 熱水に可溶
安定性・反応性 反応性に富む物質で、主にメチロール化合物やメチレン化物を生成する

関連法規

  86%PFA 92%PFA
労安法

有害性表示物質、特定化学物質第2類(ホルマリンとして)

高圧ガス なし
消防法 指定可燃物 / 可燃性固体質 3,000kg以上
毒劇物取締法 劇物(ホルムアルデヒドを含有する製剤として)
海洋汚染防止法
船舶安全法 危険物 可燃性物質類
航空法 爆発物等 可燃性物質類
その他主な関連法規 大気汚染防止法:特定物質(ホルマリンとして)
薬事法:劇薬(指定医薬品)
(ただし当社は直接的には販売なし)
PRTR法(ホルムアルデヒドを含有する製剤として)

危険有害性の分類

  86%PFA 92%PFA
分類の名称 腐食性で可燃性のホルムアルデヒドが放出される。
危険性 可燃性固体・粉塵が空気中に分散すると爆発性で有害な混合気を生じる危険がある。また、温度上昇とともに解重合し有毒・腐食性の可燃性のホルムアルデヒドが放出される。
有害性 中程度の急性毒性があり、皮膚・目を刺激する。また、発生するホルムアルデヒドはIARC(国際がん研究機関)の評価で1(人に対して発がん性がある)に分類されており、EEC指令でR43(皮膚接触により感作を起こすことがある)に指定されている。

製品規格

  86%PFA 92%PFA
外観 白色固体
ホルムアルデヒド分(%) 86.0±1.0 92.0±1.0
遊離酸(% ギ酸として) 0.02以下
強熱残分(%) 0.01以下
塩化物(Cl)(%) 0.002以下
重金属(Pb)(%) 0.002以下
鉄(Fe)(%) 0.001以下

製品に関するお問い合わせ

天然ガス系化学品カンパニー 有機化学品事業部

第2営業グループ

TEL:03-3283-4791 / FAX:03-3214-0930

お問い合わせ

事業・製品

製品ナビ MGCの製品をお探しいただけます。

PAGE TOP