メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字サイズ

事業・製品

ここから本文になります。

ナイロンMXD6/ポリプロピレン多層容器

ポリオレフィンとナイロンMXD6とから構成される多層シート、容器類はレトルト処理後も良好なガスバリヤー性を保持し、また速やかにガスバリヤー性を回復します。
表10にレトルト処理による多層容器の酸素透過率の変化、図9にレトルト処理後の多層容器の累積酸素透過量を示します。

表10 レトルト処理によるナイロンMXD6/PP多層容器の酸素透過率の変化
多層容器構成 厚さ(μm) 酸素透過率(cc/Package ・ day ・ 0.21atm)
処理前 レトルト処理後の経過時間(day)
1 7 14 30
PP/Tie/ナイロンMXD6/Tie/PP 140/10/40/10/180 0.047 0.38 0.028 0.020 0.019
PP/Tie/EVOH/Tie/PP
(エチレン32mol%)
140/10/40/10/180 0.012 0.68 0.49 0.25 0.11

図9 レトルト処理後のナイロンMXD6/PP多層容器の累積酸素透過量


EVOH:エチレン 32mol%
レトルト条件:121℃、30min
容器仕様:表面積310cm2、体積350cm3
PP/Tie/Barrier/Tie/PP:(内)
140/10/40/10/180μm(外)、厚さは平均値
測定条件:23℃、100%RH(内側)、50%RH(外側)

製品に関するお問い合わせ

芳香族化学品カンパニー 芳香族第一事業部

TEL:03-3283-4800 / FAX:03-3214-0938

お問い合わせ

事業・製品

製品ナビ MGCの製品をお探しいただけます。

PAGE TOP