メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字サイズ

事業・製品

ここから本文になります。

微好気培養用製品

アネロパック・微好気、アネロパウチ・微好気は、微好気培養用酸素吸収・炭酸ガス発生剤です。
アルミ袋内の小袋を容器に入れるだけで、水も触媒も必要ありません。

ジャー用「アネロパック・微好気」

嫌気ジャー、またはシャーレラックを伴うWチャック付スタンディングパウチとご使用ください。
角型ジャー(大型)専用のアネロパック・微好気(7L)もご用意しています。

アネロパック・微好気によるガス濃度変化の例

O2濃度6~12%、CO2濃度5~8%の微好気環境を1時間以内でつくります。

O2:培養に適した6~12%を維持
カンピロバクター、ヘリコバクターなどの微好気性菌は酸素濃度15%以上だと死滅する率が高くなり、逆に5%以下だとコロニーが小さくなります。
アネロパック・微好気は容器内の酸素を素早く吸収し、1時間以内に濃度は6~12%になるので、微好気性菌がスムーズに成育します。
CO2:pHに影響しない10%未満
微好気性菌の培養に必要な炭酸ガス濃度は5%強。それ以上になっても培養成績に大きな差は出ません。逆にCO2が培地に溶け込むことでpHが下がり、薬剤によっては感受性試験で悪影響を受けることもあります。
アネロパック・微好気はCO2濃度を5~8%程度に維持します。

パウチ袋用「アネロパウチ・微好気〔パウチ袋用〕」

専用パウチ袋、Wチャック袋用。
平板培地2枚用。1枚を培養の場合は、空のシャーレを1枚入れてパウチ袋内の容積を保ってください。

アネロパウチ・微好気〔パウチ袋用〕

専用パウチ袋用

アネロパウチ・微好気〔薄型ジャー用〕

薄型ジャー用

培養時のご注意

  • カンピロバクターやヘリコバクターは高湿環境を好みます。ジャー内を高湿にすることが好ましいです。
  • 具体的には、1.ジャーの中に水を入れる(20cc程度)、2.培地の表面をあまり乾燥させない、
    の2点を実施してください
  • ジャー内に入れた水と剤が直接触れないようにしてください。間仕切つきジャーが便利です

ご使用にあたって

  アネロパック・微好気
[ジャー用]
アネロパウチ・微好気
〔パウチ袋用・薄型ジャー用〕
培養用途 カンピロバクター、ヘリコバクターなどの微好気性菌
使用量
  • 角型ジャー(標準型)アネロパック・微好気1袋
  • 角型ジャー(大型):アネロパック・微好気(7L)1袋
  • 専用パウチ袋:アネロパウチ・微好気〔パウチ袋用〕1袋
  • 薄型ジャー:アネロパウチ・微好気〔薄型ジャー〕1袋

専用パウチ袋には〔パウチ袋用〕、薄型ジャーには〔薄型ジャー用〕をお使いください。剤が異なるとご使用になれません。

使用上の注意 ジャー用です。専用パウチ袋・薄型ジャーには使用できません。 専用パウチ袋と薄型ジャー以外には使用できません。
  • アルミ袋を破るとすぐに反応が始まります。剤を取り出してからジャーのフタを閉めるまでは、すみやかに行ってください(ジャー用…1分以内、パウチ袋用・薄型ジャー用…30秒以内)
  • 吸収したO2よりも少量のCO2が発生します。容器内はやや減圧され、ジャーの場合フタは少し開けにくくなります

製品に関するお問い合わせ

特殊機能材カンパニー 脱酸素剤事業部

TEL:03-3283-4867 / FAX:03-3287-1785

お問い合わせ

事業・製品

事業・製品

エージレス関連ページ

医薬品・医療器具用

金属・電子部品用

製品ナビ MGCの製品をお探しいただけます。

PAGE TOP