メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字サイズ

事業・製品

ここから本文になります。

使用上の注意

警告

エージレスの菌抑制効果

脱酸素剤エージレスは、カビをはじめとする好気性微生物には抑制効果がありますが、偏性嫌気性菌、微好気性菌、通性嫌気性菌、酵母に対する生育抑制効果はありません。
これらの菌の増殖が予想される食品へのエージレスの使用については、実際の包装・流通条件での試験を十分に行い、冷蔵など他の手段との併用も含め、貴社にてご判断下さるようお願いします。

包装条件によっては、生育を完全に阻止できないカビがまれにあります

注意

ご使用にあたって

事前に取扱説明書をお読み下さい。また、エージレスの耐水性、耐油性、耐アルコール性、耐酸性には限界がございますので、ご使用の前には必ず実際の商品形態での試験を行い、効果を確認して下さい。

鉄系エージレス使用時の錆発生

酸性商品や商品にアルコールやPH調整剤等をご使用の際、エージレスより錆が発生する場合がありますので、ご使用前には必ず実際の商品形態での試験を行い、確認して下さい。
尚、過剰空気下(容量不足、低バリア性包材使用時、ピンホール、シール不良等)に置かれた際も同様に錆が発生する場合があります。

エージレスの発熱反応

エージレスを使用した食品などの包装を開けた際に、エージレスの酸化反応のため発熱をすることがあります。
ただし発熱量は小さいので、一般的には火傷に至るようなことはありません。
また、発火に至る等の心配はありません。
発熱温度や時間はエージレスの品種や実装状態により異なります。

電子レンジの使用

エージレスの入っている商品を電子レンジで加熱する場合、エージレスを取り除く必要があります。
エージレスが入ったまま、商品を電子レンジで加熱すると、スパークして包材を焦がし、場合によっては発火することがあります。
商品がエージレスと一緒に電子レンジにかけられる恐れがある場合は、注意表示をするなど必要な対策をとって下さい。
電子レンジ対応のエージレスもございますのでご相談下さい。

エージレス使用時の変退色

生肉や赤身の魚、イカ製品、中華麺などの包装にエージレスを使用した場合、一部製品は褐変することがあります。
ご使用前に実装試験を行って下さい。
また、褐変については弊社担当者にご相談下さい。

製品に関するお問い合わせ

特殊機能材カンパニー 脱酸素剤事業部

TEL:03-3283-4842 / FAX:03-3287-1785

お問い合わせ

事業・製品

エージレス

エージレス関連ページ

医薬品・医療器具用

金属・電子部品用

製品ナビ MGCの製品をお探しいただけます。

PAGE TOP