メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字サイズ

研究開発

ここから本文になります。

研究所紹介

東京テクノパーク

3つの研究開発部門と分析センターが1カ所に集結し、相互に協力・情報を共有しながら研究開発を推進しています。また機能性材料の開発、既存製品の応用技術の研究を中心に、MGCの将来を担う新規テーマの探索も行っています。


主な研究テーマ:電子材料、機能化学品、ナノテクノロジー、次世代材料

所在地

スピログリコール

新潟研究所

触媒および高圧反応技術などを利用した各種化学品およびプロセス開発や、微生物の連続培養や遺伝子組換え技術などのバイオテクノロジーを利用した高付加価値製品の開発を中心に、特色ある研究活動を展開しています。


主な研究テーマ:プロセス改良、触媒、医薬品中間体、新エネルギー関連、バイオテクノロジー、ライフサイエンス

所在地

スピログリコール

平塚研究所

新素材であるエンジニアリングプラスチックスの開発と応用の分野では、日本を代表する研究所。高分子材料の開発と応用加工技術を中心に、高機能新規ポリマーの開発や既存製品の用途開発およびテクニカルサービスなど、基礎研究、新製品開発、用途開発、そして技術支援まで、幅広い研究開発を行っています。


主な研究テーマ:機能性樹脂、接着剤・塗料、包装材料、レジスト材料、高耐熱フィルム

所在地

スピログリコール

研究開発

製品ナビ MGCの製品をお探しいただけます。

PAGE TOP