メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字サイズ

研究開発

ここから本文になります。

独自の技術プラットフォームとMGCグループのシナジーで、あらたな技術・事業の創出を目指す。

当社は、新たなグループビジョン「社会と分かち合える価値の創造」を掲げ、「2021年におけるありたい姿」に向けて新中期経営計画『MGC Advance2017 MGCグループだからできる大きな夢に!』をスタートいたしました。

独自の技術プラットフォームとMGCグループのシナジーで、あらたな技術・事業の創出を目指す。

独自の技術プラットフォームとMGCグループのシナジーで、社会が求める社会的価値と持続的成長を支える経済的価値を併せ持つ製品を実現する真の研究開発型企業を目指します。
この「MGC Advance2017」の基本方針に沿って、激しさの増すグローバルな開発競争に打ち勝つために、中核事業を中心とした既存事業の収益力強化、新規事業の創出と育成、持続的成長を支える質の向上に取り組んで行きます。これらの課題に対し、MGCグループが保有する多種多様な技術と市場が求める機能の融合、および事業間シナジーの創出に取り組み、有望市場への参入を目指すとともに、新規プロセス開発や既存プロセスの改善に積極的かつ継続的に取り組み、技術レベルの競争力を強化して行きます。また、MGCグループの総合力を生かした研究開発と事業展開、外部との技術アライアンスも積極的に進め、研究開発の効率化・スピードアップを図ります。

中期経営計画の基本方針に沿って、研究開発指針を策定するとともに、4種類の重点領域を定めています。

長年培ってきたコア技術を最大限に活用し、グローバル市場での競争力強化と新事業の創出を目指します。

マーケットと密接に結びついた開発フロー、効率的な研究開発システムで、市場の変化に迅速に対応します。

MGCグループ全体で870人が研究開発に従事。製造・販売も一体となって研究開発に取り組んでいます。

国内3か所の研究所と工場の技術部や開発・技術センターが中心となって研究開発を推進しています。

技術ライブラリ

研究開発

製品ナビ MGCの製品をお探しいただけます。

PAGE TOP