メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字サイズ

IR情報

ここから本文になります。

投資家の皆様へ

MGCグループは、「化学にもとづく幅広い価値の創造を通じて、社会の発展と調和に貢献する」という存在理念のもと、CSRの実践を徹底し、社会とともに成長してまいりました。このたび、新たなグループビジョン「社会と分かち合える価値の創造」を掲げ、社会から必要とされる価値の創造をめざして取り組んでまいります。

 

MGCグループには、以下のように幅広い事業分野があり、それぞれの分野に独自の強みを有しております。

投資家の皆様へ

  • 基礎化学品(メタノール等)
  • ファインケミカル(メタキシレンジアミン等)
  • 資源エネルギー開発(天然ガスや地熱エネルギー等)
  • エレクトロニクス向け機能製品(超純過酸化水素やBT系製品等)
  • 各種工業用プラスチックス(ポリカーボネートや発泡体等)
  • 食品包装向け製品(脱酸素剤「エージレス®」やMXナイロン等)

これらの事業においては、今後も更なる収益力の強化を図るべく、様々な施策を検討・実行してまいります。


一方で、既存事業の収益力は、経済状況等、外部環境の影響による変動が避けられず、その永続性は保証されておりません。不採算状態と判断する事業については、あらゆる可能性を検討の上、構造改革を進めてまいります。また、MGCグループでは、新規事業の創出と育成を中期経営計画の基本方針の一つに掲げており、更にはM&Aの手法も視野に入れながら、常に新たな収益源の獲得を模索してまいります。

 

株主の皆様に対する利益還元については、経営の最重要課題の一つと考えております。MGCグループでは、中長期的な視点で、業績動向、設備投資計画、財務体質の維持改善等を統合的に勘案し、株主還元と将来の企業価値を高めるための内部留保への最適配分を図ることとしております。配当については、業績連動と安定配当を組み合わせた方法により決定しており、自己株式の取得については、市場環境を見ながら機動的に実施することを基本方針としております。

 

株主および投資家の皆様には、今後ともご支援・ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

代表取締役社長
倉井 敏磨

IR情報

PAGE TOP