社員紹介

index.html

新たな価値創造のために人間力が挑む、MGCの仕事

山川晃生

技術系 エンジニア

jobs-img-yamakawa01
プラントの日常管理と改善がメインミッション

工場の安定稼働・安全運転を支えるのが、製造部のミッションです。そのなかで私は、機器の運転状況の把握や修理工事のスケジューリング、生産コスト改善試験などを担当しています。また、鹿島工場では毎年5~6月に大規模な修繕・改造工事を実施しています。ここに向けた準備や、工事がスタートしてからの進行管理も、私の重要な仕事です。

jobs-img-yamakawa02
MGCの高度な技術を生かすために

鹿島工場はとても規模が大きいので、全体を把握してスムーズな稼働を維持するのは大変ですが、そのぶん大きなやりがいも感じています。特に、省エネルギーの取り組みには大きな意義を感じています。規模が大きいぶん、プラントでは膨大な電力を消費するので、数パーセント削減するだけでも、かなり大きな効果があります。自分たちの実施した改善策で削減に成功したときには、仕事の意義を実感できます。また、この仕事は経験則に基づくところが多いため、日々の勉強が欠かせません。MGCの高度な技術力は、優れたプラントが正しく機能してこそ最大限に生かせます。背負った責任をしっかり果たしていけるよう、スキルを高めていきたいです。

jobs-img-yamakawa03
専門領域にこだわらず視野を広くもって欲しい

就職活動では自分の専門分野にこだわり過ぎないようにしていました。一方で重視したのは、早い段階から大きな仕事を任せてもらえることです。やりたいことというのは、実務のなかで見つけていくべきだと思いましたし、大きな仕事に携わっていれば、そのぶん自分も成長できると考えたためです。こんな観点で企業研究を進めて目に留まったのが「少数精鋭」を掲げるMGCでした。化学工学は専門外でしたが、大きな可能性を感じた私は入社を決意しました。視野を広く持って就職活動に臨めれば自分に合う企業との出会いが待っていると思います。

山川さんのMGCに対する想い