社員紹介

index.html

新たな価値創造のために人間力が挑む、MGCの仕事

前原通彦

技術系 エンジニア

jobs-img-maehara01
プラントに欠かせない
さまざまな工事の主担当として

プラントの保全は、電気、計装、回転機、静機器の各分野に分けて行われます。その中で、私は静機器という配管やタンク、熱交換器など、静止している機器の保全を担当しています。また、既存のプラント設備の配管改造・新設工事や、倉庫などの建設といった土建工事管理業務も担当しています。この「担当=任されている」という状況にとてもやりがいを感じます。例えば、ハイブリッドケミカル(電子材料の洗浄液)の生産設備のメンテナンスや改造、新設。水素製造装置の定期修繕。今はまだ、先輩や上司の助けが必要ですが、種々の条件を考慮しながら、最良の工事仕様を検討・決定できることが、この仕事の楽しさです。

jobs-img-maehara02
自分が未熟だったために悔しい思いをした

新人の頃は副担当として、先輩の後をついて回る日々でした。先輩から業務を少しずつ引き継ぎ、副担当から主担当へとステップアップする途中で、悔しい思いをしたこともあります。ある設備でトラブルが起きたとき、先輩と現場に向かい、製造部門と対策を練ったのですが、私は会話に入ることができませんでした。主担当になる途中だったとはいえ、とても悔しかったです。これを解決するべく、現場で対策を見聞きしたりすることはもちろん、過去の事例から学んだりして知識を蓄え、打ち合わせの場で積極的に発言することを心がけました。そのおかげか、次第に、製造部門も私に話しかけてくれるようになりました。至極当然のことではありますが、主担当となる身として、一日でも早く、自分を信用してもらえる状態にしたかったのです。

jobs-img-maehara03
自分で調べて答えを出すという
プロセスにこだわる

仕事を任せてもらうには、相応の知識や経験が身についていなければなりません。もちろん、私はまだまだですが、だからこそひとつだけ意識しているのは、「すぐに質問しない」ということです。分からないからといってすぐに質問しても、結局、記憶に残らない気がします。自分で調べて答えを出す、このプロセスを経たものほど覚えられると思います。このため、私はできる限り、過去の工事の事例をチェックします。また、現場で即答できない質問をされたら、時間に猶予がある場合は、自分の机に戻って調べた上で、回答しています。ありがたいのは、そんな私のスタンスを、先輩や上司が見守ってくれていることです。「まずは自分で考えて行動してみなさい」と背中を押してくれる環境に感謝しています。

前原さんのMGCに対する想い