社員紹介

index.html

新たな価値創造のために人間力が挑む、MGCの仕事

八田真和

技術系 エンジニア

jobs-img-hatta01
点検やメンテナンスに携わりながら職域を広げる

工場の起業および修繕費予算管理や、ボイラー・コンプレッサー・受変電設備など各種機器の日常点検・メンテナンス、新しい検査装置や試作機を導入する際の計画~発注~施工管理などが保全部の主な業務です。私はメンバーとして点検やメンテナンスの実務経験を積みながら、万が一漏洩が発生した時、工場外への流出防止用に100tの水を溜める水槽の建設にも携わりました。水槽の形状や看板など、自分のデザインが採用された場所を見るたびに感動を覚えます。現在は新しい試作研究施設を建設するプロジェクト(SR-1プロジェクト)に参加し、建物の設計や新型装置の仕様確認、建設工事の立ち会い・進捗管理などを担当していますが、今後は建築・ユーティリティ関連に問題がないか、仕様通りに完成しているかを検査するために、全国の建築・機器製作工場を視察する予定です。

jobs-img-hatta02
日頃のコミュニケーションを何よりも大切に

保全部は、人から人へ情報を橋渡しするポジションです。例えば製造部や技術部からユーティリティの計画を頼まれた場合、いったん私たちがCADなどを利用し基本設計資料をまとめてから協力会社に渡し、正式な設計をしてもらいます。勝手な解釈を加えて誤った発注をしてしまい、間違った物が完成した、という事態は避けなければならないため、正確な情報を依頼者側から教えてもらう必要があります。そこで私は他部署の人間と直接会い、コミュニケーションを取りながら関係を築いています。また上司に相談するときも、口頭のみで話すのではなく、写真や資料を用意し、自分の意見をまとめてから質問をするようにしています。さらにSR-1プロジェクトで外部との折衝が増えた今、日頃のコミュニケーションは小さなすれ違いをも無くす大切なポイントだと肌で感じる毎日です。

jobs-img-hatta03
成長を促してくれる先輩・上司の存在に感謝

先輩や上司が、できるだけ私に仕事を任せてくれることが嬉しいです。100tの水槽のデザインもそうでしたが、SR-1プロジェクトでも小さいスペースのレイアウトや空調設備の設計など、責任ある仕事を入社4年目の私に振り分けてくれます。そして私のやり方をじっと見守り、折々のチェックやフォローで軌道修正をしてくれるので、安心してチャレンジできる環境です。同時に、資格の大切さを感じることも多いです。特に私の上司は業務に直結する資格をたくさん持っているので、その人から的確なアドバイスをもらうたび、自分も勉強しなければと思います。このように私たち若い社員に刺激を与えてくれる風土のなかで、会社からの大きな期待を感じています。

八田さんのMGCに対する想い