企業情報

index.html

佐賀製造所

拠点紹介


7.佐賀製造所

高品質製品の生産拠点

佐賀製造所は、シリコンアイランドとして九州に多くの半導体関連のメーカーが集まっていることから、1986年(昭和61年)5月に、超純過酸化水素の供給を目的に開設されました。その後、半導体の急激な成長に伴い、生産能力を倍増させ、対象ユーザーとしては、九州を中心とした西日本全域に及んでいます。
半導体デバイスの高集積化が進むにつれ、超純過酸化水素の品質も金属イオンや微粒子の少ない高純度なものが要求されるようになり、佐賀製造所の製品グレードも汎用品(メガ対応)から高級品へと移り、今日では最高級グレード(ギガ対応)の要求へも対応しています。
緑豊かなすばらしい環境のもとで、協力会社とも一丸となって、すばらしい製品作りに励んでいます。

about-kenkyuu-saga01
半導体産業への安定供給

生産管理課は、超純過酸化水素の製造及び出荷業務を担当しています。この製品は、半導体産業に幅広く使用されておりウエハー製造工程の洗浄剤・エッチング剤・研磨剤として、デバイス製造工程中の洗浄剤・フォトレジスト剥離剤・エッチング剤として広く使用されています。
業務内容は、安全運転(開所以来無事故無災害継続中)は勿論のこと、顧客の厳しいニーズに応えるべく高品質な製品の安定生産・安定供給を実現し、課員全員が生産計画・製造・出荷工程に大きく貢献しています。また、課員は、各自責任感のある業務を任されていますので非常にやりがいのある職場です。

about-kenkyuu-saga02
高度な分析技術の伝承

品質保証課は、原料受入・製造・出荷各工程の検査業務と顧客提出文書の作成等の品質保証業務を担当しています。
超純過酸化水素の分析には高度な分析技術の維持管理が必要であり、四日市工場・山北工場とのコミュニケーションも図りながら、各自がスペシャリストをめざし日々貴重なキャリアを積んでおります。
当課は、少人数職場ではありますが、だからこそ上司との壁も少ない風通しのよい職場であり、働きやすい環境です。また、各自責任のある仕事を任されておりますので、やりがいと達成感を経験できる職場です。