メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字サイズ

CSR

ここから本文になります。

レスポンシブル・ケア中期計画

レスポンシブル・ケア中期計画を策定し、目標達成に向けた取り組みを開始しています。

レスポンシブル・ケア中期計画 (2015~2017年)

活動コード
中期計画
労働安全衛生

<基本方針>操業における健康、安全の確保


  • 日常的な安全活動(KY、HH、5S等)の充実
  • コミュニケーションの充実

  • 類似災害・類似事例の再発防止

  • 協力会社の労災防止
  • 取扱化学品に対するリスクアセスメントの実施
保安防災

<基本方針>自主保安技術と現場力の向上による保安の確保


  • 諸活動の受け皿としてのBridge活動体制の確立
  • 安全工学会「保安力評価システム」の導入・運用

    (事業所自らがPDCAを廻して行ける体制の構築)
  • リスクアセスメント(RA)の強化・深化(リスクの抽出・低減・定期見直しからなる活動の定着)

  • OJTを含む事業所教育におけるPDCAの確立
  • 他社事例・過去事例・HH事例等の解析と水平展開
  • 防災体制の充実

  • 設備管理の充実と自主保安技術の向上
  • MGC(グループ)全体に適用できる安全基準(「MGCスタンダード」)を策定する

環境保全

<基本方針>環境負荷の削減と持続可能な社会発展への貢献


  • エネルギー原単位 1990年度比85%以下(省エネルギー対策と装置トラブルの削減)

  • 温室効果ガス排出原単位1990年度比72%以下
  • PRTR法届出物質の排出量を2014年度比で10%削減する。
  • 廃棄物のゼロエミッションの維持(ゼロエミッション:最終処分量を廃棄物発生量の0.3%以下にする。)

  • 廃棄物発生量を2014年度比で10%削減する。
  • 生物多様性保全に関連する取り組みを推進する。
  • 環境配慮型製品の評価方法を構築する。
化学品・製品安全

<基本方針>化学品の取扱い・使用・廃棄における安全の確保


  • 取扱化学品の安全情報の提供 (SDS等への最新安全情報の反映)

  • 取扱化学品のリスク管理

    • ・JIPSへの参加
    • ・新規製品のリスク管理
  • EU REACH規制等国外規制への対応
物流安全

<基本方針>原料・製品の物流における環境・安全の確保


  • 物流トラブルの解析
  • 監査等を通じたコミュニケーションの拡大
  • 物流における環境負荷の削減
社会との対話

<基本方針>ステークホルダーとの関係強化


  • 情報開示(レポート、事業所サイトレポート)
  • 関係団体等への情報提供や情報収集
  • 地域コミュニケーションの推進
RC般
  • 経営層へのアピール
  • RC関連のコンプライアンス遵守

    ・安全保障輸出管理の確実な実施

<基本方針>MGCグループとしての環境・安全活動の推進


  • MGCグループとしての環境安全活動の推進
    • ・国内外グループ企業とのコミュニケーション強化(協議会、査察、連絡会)
    • ・グループとしての保安防災・労働安全活動の実践
    ・グループとしての環境経営の実践

<基本方針>環境・安全管理システムの継続的改善


  • RC管理システムの継続的な改善
  • 社則・規定類の適正な管理・整備

CSR

PAGE TOP