メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字サイズ

CSR

ここから本文になります。

コンプライアンスに対する考え方

コンプライアンスとは

「コンプライアンス」(compliance)とは、英語のcomplyという動詞の名詞形で、complyは前置詞withを伴って、「要求に応じる」、「規則に従う」といった意味で使用されます。
日本では「コンプライアンス」を一般的に「法令遵守」と訳していますが、単に法令だけでなく社内規則や社会規範を遵守するという意味も含んでいます。広く 企業理念まで含めて論じることもありますが、簡単に「ルールを守る」と理解すると分かりやすいでしょう。

MGCグループのコンプライアンスの定義

MGCの「コンプライアンス規程」では、「コンプライアンス」を単に法令や社内規範を遵守する事に限定せず、より積極的に社会の要求に応えていくという姿勢のもと、

「法令、社内規則、社会規範等を遵守するとともに企業としての
社会的責任を認識し、公正で透明・自由な事業活動を行うこと」

と広く捉えて定義しています。

コンプライアンスの必要性

コンプライアンスの必要性ステークホルダーとの関係図

企業を取り巻く環境が大きく変化しており、企業を見る目も厳しくなっています。「法律を守っていればよい」、「過去は良かったのに」、「皆やっているのに」といったことは、最早許されなくなっています。 このため、「コンプライアンス」を正しく理解し、実践することにより、会社や自分の身を不祥事から守っていかなければなりません。


また、「コンプライアンス」を実践し、公平・公正な事業活動を行うことにより、株主、取引先、地域社会、従業員など当社のステークホルダー(利害関係者)だけでなく、社会一般からも信頼と共感を得ることができます。そのことが、地域社会に支えられた円滑な事業活動、新規顧客・市場の獲得、株主・投資家の評価向上による企業価値の増大等に繋がり、当社の更なる発展に寄与することになります。

CSR

PAGE TOP