メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文字サイズ

事業・製品

ここから本文になります。

天然ガスとは

天然ガスには、地下水に溶け込んでいる「水溶性天然ガス」と、地層の背斜構造などにガス体のまま圧縮されて貯まっている「構造性天然ガス」があります。水溶性ガス田は、国内では主に千葉県と新潟県に存在しており、一般的に構造性ガス田と比較して1坑井あたりの生産量は少ないのですが埋蔵量は豊富です。また水溶性天然ガスが溶け込んでいる地下水にはヨードも含まれていることなど、世界的に見ても特異なガス田であると言えます。
一方、構造性ガス田は、主に新潟県、秋田県、北海道などに存在し、構造性天然ガスの生産量は、国内の総生産量の約83%を占めています。当社のガス生産量で見ても、約97%は構造性天然ガスであり、水溶性天然ガスは3%に過ぎません。
天然ガスの主成分はメタンで、その他エタン、プロパン、ブタンなどが含まれます。わが国の天然ガスは硫黄分などの不純物が非常に少なく、都市ガスや発電用などの燃料用はもちろん、メタノール、アンモニア、アセチレンなどの化学品製造原料としても適しており、新潟県においては総産出ガス量の約71%が県内で利用され、その内65%が都市ガスや発電用燃料として、13%が化学工業の原燃料として使われています。

平成16年 天然ガスの新潟県内利用量 (412.3万m3/日)

発電 25% 都市ガス 40% 一般工業 18% 化学工業 13% その他4%

事業・製品

製品ナビ MGCの製品をお探しいただけます。

PAGE TOP